どろろ 原作紹介 最終回 手塚治虫の名作!あらすじ感想!その19 ぬえの巻

いよいよどろろも最終回

モノクロアニメ版とはちょっと違います

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

 

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

今回は、手塚治虫の名作「どろろ」の原作紹介〜その19〜/あらすじと感想です。

 

【関連記事】どろろ 原作紹介 手塚治虫の名作!あらすじ感想!その18 四化入道の巻

【関連記事】どろろ 原作紹介 手塚治虫の名作!あらすじ感想!その1 発端の巻

【関連記事】どろろ新アニメ化!手塚治虫原作 48体の魔神に身体を奪われし百鬼丸!

 

 

「どろろ」原作紹介〜その19〜ぬえの巻
<あらすじと感想>最終回!

以下、「どろろ」ぬえの巻、あらすじと感想です。

もぬけの殻

どろろと百鬼丸の旅は続くが……。

なぜか、通りがかる村々が、

もぬけの殻状態

 

取り残されたじいさんに尋ねると、

若いものは女・子どもまで、

堀づくりにかり出されているらしい?

 

醍醐景光の堀づくり

醍醐景光自ら指揮のもと、

堀づくりの作業が続く。

 

戦(いくさ)に備えて、堀づくりを急ぐ景光……。

病気や妊婦などにも全くおかまいなし

民衆の不満は積もりに積もっていった。

 

景光は脱走を企てる民衆を虐殺!

更に村を焼く暴挙

 

どろろと百鬼丸

景光のトリデの前で、

百鬼丸とどろろの別れ……。

「いい娘になれよ」

 

トリデに入っていく百鬼丸に、

どろろは憎まれ口を叩くが……。

 

百鬼丸は、景光士官したい旨を申し出た。

百鬼丸は実の母親に会う。

動揺する百鬼丸だったが、その目には涙が……。

 

景光に取り憑いた「ぬえ」

どろろは景光に反乱を企てる民衆の仲間になり、

穴掘り作業に参加する。

トリデに侵入したものの、捕えられてしまう。

 

景光は百鬼丸にどろろを斬るように命じた。

 

そこに現れる妖怪「ぬえ」

それは、妖怪たちの集合体だった!

醍醐景光に取り憑き、百鬼丸から48ヶ所奪った化け物のかたわれ

 

「ぬえ」を切り裂いていく百鬼丸。

5〜6匹はしとめたか!?

 

景光から力が抜けていく……。

反乱軍がトリデに乗り込んでいく。

 

景光はとともに力なく去っていった。

ひとまず戦いは終わった。

 

百鬼丸は、刀をどろろに譲った

ずっと、どろろが欲しがっていた刀だ。

 

魔物を倒して人間の身体を取り戻す……、

百鬼丸の旅はまだ続く。

 

どろろよ、お前は自分の道を行け、と百鬼丸。

 

涙をこぼすどろろだが、もう百鬼丸を追おうとはしなかった……。

 

百鬼丸がどこへ行ったのか、だれにもわからない……。

 

アニメとは違う最終回

モノクロアニメ版最終回は、

47体の魔物を倒した百鬼丸が、

48体目の魔物そのものになった父・醍醐景光と戦うというものでした。

 

原作での百鬼丸の旅は、まだまだ続く?

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

原作最終回の最後では、

あの48体の彫刻のあった「地獄堂」は戦火で焼けた

と締められている。

 

すっきりしないとも言えるけど……。

 

「どろろ」らしい最終回でした。

 

たとえ醍醐景光が悔い改めたとしても、ハッピーエンドにはならないだろうし。

あとは、読者の思いにゆだねられたということで……。

その後の百鬼丸は……、どろろは……?

 

あなたは、どう思いましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

◆どろろ 原作紹介

発端の巻 百鬼丸の巻 法師の巻 金小僧の巻 万代の巻 人面瘡の巻
無残帳の巻 妖刀の巻 ばんもんの巻 白面不動の巻 鯖目の巻 地獄変の巻
二ひきのサメの巻 しらぬいの巻 無常岬の巻 ミドロの巻 どんぶりばらの巻
四化入道の巻 ぬえの巻

 

どろろ 1〜3巻

著者:手塚治虫
発行者:秋田貞美
発行所:(株)秋田書店

◆1巻

発端の巻
百鬼丸の巻
法師の巻
金小僧の巻
万代の巻
人面瘡の巻
無残帳の巻
妖刀の巻

◆2巻

ばんもんの巻
白面不動の巻
鯖目の巻
地獄変の巻

◆3巻

二ひきのサメの巻
しらぬいの巻
無常岬の巻
ミドロの巻
どんぶりばらの巻
四化入道の巻
ぬえの巻

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です