どろろ 原作紹介 手塚治虫の名作!あらすじ感想!その5 万代の巻

「万代(ばんだい)」という女、

いつも横になっているが……。

なにか理由があるようです。

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は、手塚治虫の名作「どろろ」の原作紹介〜その5〜/あらすじと感想です。

 

【関連記事】どろろ 原作紹介 手塚治虫の名作!あらすじ感想!その4 金小僧の巻

【関連記事】どろろ 原作紹介 手塚治虫の名作!あらすじ感想!その6 人面瘡の巻

 

 

「どろろ」原作紹介〜その5〜万代の巻
<あらすじと感想>

以下、「どろろ」万代の巻のあらすじと感想です。

 

村人と万代と化け物

村人から報告を受け、

村に金が戻ったことを知る万代

平静を装うものの、その眼は異様に光る。

 

百鬼丸は村人たちに金小僧のことを話す。

金小僧は金の精であり、

金を掘り出してくれと訴えていたという。

 

百鬼丸の気持ちは、

48の妖怪のひとつに出会えたことで高揚してくる。

 

村の成り立ち

村人が説明する。

 

先祖代々、苦労して荒れ地を開墾……。

ようやく田に水も引けた頃に、

化け物が村を荒らし、を持っていってしまった。

 

万代がやってきて、村に寄付をしてくれた。

働いて働いて、ようやくもとに戻した村に、

また化け物がやってきて村じゅうの金が奪われた。

 

そこでまた、万代から金をもらったと云う。

 

「万代は食わせ者だ!化け物は今夜また村を襲う!」と百鬼丸。

男衆に武器を持たせる。

どろろには、井戸の小屋で化け物を見張るよう命じた。

 

一方の万代は不審な行動。

その体に布を巻き付ける。

 

村を警備している男衆。

見張りのものが音も立てずに死んだ……。

怪物が村に現れたのか!?

 

どろろは見張りの途中で、居眠りをしていた。

百鬼丸の呼びかけで目を覚ましたどろろは、万代の部屋に侵入。

枕の中に隠れた。

 

百鬼丸は義足の中に焼水(しょうすい/恐らく塩酸か硫酸)を仕込む。

 

化け物が一軒の家を襲った。

その家は皆殺しに……。

 

化け物の正体は?

警戒しながら化け物を追い、

竹やぶに入る百鬼丸と村人たち。

 

化け物の念力で飛ぶ竹やりに襲われる!

化け物現る!

百鬼丸は焼水と剣で攻撃!

 

化け物のしっぽは、布でぐるぐる巻きになっている。

その先端部分には、なんと万代の頭部露出!?

 

団結した村人たちの竹槍攻撃で、

大ダメージを受けた化け物。

更に百鬼丸の焼水攻撃で、目を潰される!

化け物は万代の屋敷の方角へ逃げていった。

 

になった。

雷鳴が響く!

屋敷に戻ったずぶ濡れの万代、

そのシルエットがくっきり。

 

怖気づくどろろ。

万代にしっぽがあるのを見て、がくがく震える。

 

どろろが万代と対峙した。

駆けつけた百鬼丸が、剣を抜いた!

続いた村人たちだが、恐れおののく……。

 

万代の額から角が2本生え、

女夜叉(にょやしゃ)の正体を現した!

いよいよ百鬼丸と万代の決着か!?

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

万代のしっぽが化け物で、

化け物のしっぽが万代だったって!

 

あなたは、どう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

◆どろろ 原作紹介

発端の巻 百鬼丸の巻 法師の巻 金小僧の巻 万代の巻 人面瘡の巻
無残帳の巻 妖刀の巻 ばんもんの巻 白面不動の巻 鯖目の巻 地獄変の巻
二ひきのサメの巻 しらぬいの巻 無常岬の巻 ミドロの巻 どんぶりばらの巻
四化入道の巻 ぬえの巻

どろろ 1〜3巻

著者:手塚治虫
発行者:秋田貞美
発行所:(株)秋田書店

◆1巻

発端の巻
百鬼丸の巻
法師の巻
金小僧の巻
万代の巻
人面瘡の巻
無残帳の巻
妖刀の巻

◆2巻

ばんもんの巻
白面不動の巻
鯖目の巻
地獄変の巻

◆3巻

二ひきのサメの巻
しらぬいの巻
無常岬の巻
ミドロの巻
どんぶりばらの巻
四化入道の巻
ぬえの巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です