どろろ 原作紹介 手塚治虫の名作!あらすじ感想!その12 地獄変の巻

マイマイオンバとの決着はどうなる

そして、あの小僧妖怪は……

 

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は、手塚治虫の名作「どろろ」の原作紹介〜その12〜/あらすじと感想です。

 

【関連記事】どろろ 原作紹介 手塚治虫の名作!あらすじ感想!その11 鯖目の巻

【関連記事】どろろ 原作紹介 手塚治虫の名作!あらすじ感想!その13 二ひきのサメの巻

 

 

「どろろ」原作紹介〜その12〜地獄変の巻
<あらすじと感想>

以下、「どろろ」地獄変の巻のあらすじと感想です。

 

毒入り茶!?

森のなかで、妻を探す鯖目

妻も子も無事だった。

妻から百鬼丸を殺す毒を授かった。

 

どろろは村の衆にこれまでの経緯を説明する。

鯖目の妻は妖怪マイマイオンバで、

尼寺に火をつけたのは鯖目だ。

 

鯖目を見つけた村の衆は、怒って襲いかかる

「今はそれどころじゃない」と百鬼丸。

妖怪が侵入しないように、村人たちに見張りを要請する。

 

村外れの要所要所にて、見張る村の衆。

だが、尼寺の供養にやってきたと云う虚無僧たちを村に入れてしまった。

 

一方百鬼丸は鯖目からの毒入り茶を飲まされ苦しみ始める。

毒消しを飲んだものの動けなくなった。

 

小僧妖怪登場!

どろろは虚無僧に化けたマイマイオンバに捕まってしまった。

寺の焼け跡で、しばられるどろろ。

このままでは、子どものエサにされてしまう!

 

崩れる瓦礫

あの小僧妖怪が現れた。

どろろのことを助けると云う。

その背中から、大勢の子どもたちが出現!

尼寺の子どもたちだった。

 

子どもたちはマイマイオンバの仲間を撃退した。

助けられたどろろは急いで村の衆に知らせに行く。

 

村人たちはマイマイオンバたちを底なし沼に追いつめた。

妖怪たちは沼に沈んでいった。

 

百鬼丸のことが気になるどろろだが、

百鬼丸は鯖目に襲われ大ピンチ!

 

かけつけたどろろは、

丸くぐにゃぐにゃしたものを続けざまに投げつけた!

 

鯖目は戦意喪失

百鬼丸は言う。

そのぐにゃぐにゃしたものは、マイマイオンバのタマゴだ!

 

燃え上がるマイマイオンバ!

決着をつけるべく、沼で船に乗る百鬼丸。

湖面から飛び出すマイマイオンバが、その正体を現した。

鯖目からも愛想をつかされ、怒りに燃える。

 

蛾の本性で、松明(たいまつ)に引き寄せられるマイマイオンバ。

百鬼丸が斬る!

マイマイオンバが燃え上がった!

 

……百鬼丸が苦しみ始めた!

魔物を倒し、右足が戻ってきたのだ。

 

鯖目は頭を丸め出家する覚悟を決めた。

そのには、生気が戻っていた

 

排他的な村人たち

村からは、お囃子の音が聞こえてくる。

平和なときが戻ったらしい。

 

どろろは要らなくなった百鬼丸の義足を埋めようとする。

そこに現れる村人たち。

一緒に戦ったはずの百鬼丸を化け物扱い!?

あまりにも薄情。

 

自分たちと違うものを受け入れられない。

最後は、いつも冷たい人々。

この村にいる理由はもうない。

 

出発するふたり。

ということで、いかがだったでしょうか?

 

自分たちと違うものは受け入れられない排他的な村人たち。

人間とは、そういうものなのか

またまたなんとも言えない疎外感を味わうふたりだった。

 

あなたは、どう思いましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

◆どろろ 原作紹介

発端の巻 百鬼丸の巻 法師の巻 金小僧の巻 万代の巻 人面瘡の巻
無残帳の巻 妖刀の巻 ばんもんの巻 白面不動の巻 鯖目の巻 地獄変の巻
二ひきのサメの巻 しらぬいの巻 無常岬の巻 ミドロの巻 どんぶりばらの巻
四化入道の巻 ぬえの巻

 

どろろ 1〜3巻

著者:手塚治虫
発行者:秋田貞美
発行所:(株)秋田書店

◆1巻

発端の巻
百鬼丸の巻
法師の巻
金小僧の巻
万代の巻
人面瘡の巻
無残帳の巻
妖刀の巻

◆2巻

ばんもんの巻
白面不動の巻
鯖目の巻
地獄変の巻

◆3巻

二ひきのサメの巻
しらぬいの巻
無常岬の巻
ミドロの巻
どんぶりばらの巻
四化入道の巻
ぬえの巻

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です