どろろ 原作紹介 手塚治虫の名作!あらすじ感想!その7 無残帳の巻

わが子に食べさせたい!

熱いお粥(かゆ)を素手で受け取る母!

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は、手塚治虫の名作「どろろ」の原作紹介〜その7〜/あらすじと感想です。

 

【関連記事】どろろ 原作紹介 手塚治虫の名作!あらすじ感想!その6 人面瘡の巻

【関連記事】どろろ 原作紹介 手塚治虫の名作!あらすじ感想!その8 妖刀の巻

 

 

「どろろ」原作紹介〜その7〜無残帳の巻
<あらすじと感想>

以下、「どろろ」無残帳の巻のあらすじと感想です。

 

野盗の頭(かしら)・火袋(ひぶくろ)と妻・お自夜(じや)

一人で荒れ野を歩くどろろは、

なにかを思い起こす。

野盗の騎馬団、荒くれ者たちの顔……。

 

捕らえた足軽の持ち物をすべて取り上げるよう、

部下に命じる野盗の頭(かしら)・火袋(ひぶくろ)

その後、皆殺しにしてしまう!

 

命乞いをする足軽を切り捨てる女・お自夜(じや)

 

このふたりが、どろろの父と母だ。

家族を武士に殺され、激しい憎しみを抱いていた。

 

一方、武士を利用して出世を目論む部下のイタチ

融通のきかない火袋と対立し、

赤ん坊(どろろ)をさらってしまう。

 

代官のところに乗り込んだ火袋とお自夜だが、

捕えられてしまった。

どろろは返してもらえたものの、

に入れられた。

どろろが盗んだで火袋は脱出

代官の屋敷を破壊!大暴れ!

 

どろろを抱え逃げていたお自夜はイタチに遭遇。

裏切られたことを知る。

 

駆けつけた火袋の足に弓を射るイタチ。

トドメは刺さずに、お自夜とどろろを返す。

火袋の足は、もう真っ直ぐにはならない。

 

部下に裏切られた火袋。

そのうえ、足が不自由に。

もう野盗などできない。

 

ある夏……

生きるために親子三人は必死だった。

お自夜が野盗のまねごとで、少々の稼ぎ。

どろろも少年になっていたある夏……。

 

とある村を通りかかる。

腹を空かせたどろろに食べ物を分けてもらおうと頼む父・火袋。

しかし、村人が食べているものを見て仰天!

……それは、人の肉だった。

 

国が二つにわかれ戦(いくさ)、

そして飢饉(ききん)も重なり、

何十万人、何百万人の人々が餓死していった。

 

どろろは父に尋ねる。

「地獄って、こんなとこかい?」

父は答える。

「もっともっとましなところだ!」

 

倒れている人を見て、「肉……」とつぶやき近づく父。

我を失っていた。

妻と息子に泣かれ、正気に返る。

通りを牛車が通りかかる。

 

どこぞの奥方様から、どろろに恵みのまんじゅう!

喜ぶどろろだが、火袋はそれを返した。

 

そして、お得意の大暴れ

しかし多勢に無勢。

槍で刺されて、あえなく死亡!

お自夜とどろろは、小さな墓を作った。

 

その冬

ある日、とあるお寺で施しのお粥が配られていた。

人々の行列ができた。

 

お自夜もどろろのために並んだが、器を持っていなかった。

どうしてもどろろに食べさせたい!

熱いおかゆを素手で受け取る

このあたりの描写、ちょっと衝撃的

 

手に大やけどを負いながら、お粥をどろろに食べさせる母。

 

その年の……。

大吹雪の中、山に迷い込んでしまった母子。

寒さをしのぐため、どろろを抱き寄せるお自夜。

 

最初は、あったかかったが、だんだん冷たく、やがて氷のように……。

どろろは泣き叫ぶが、どうにもならない。

母も死んだ……。

 

ばかやろー!

……うつむくどろろ。

「そういうわけか」と百鬼丸

 

特別な力で、どろろの考えていることがわかるのだ。

そのとき風の音が……。

どろろの身の上を妖怪たちが笑っている?

 

餓鬼扱いされているようだ!?

どろろは叫ぶ。

ばかやろー!

大声を出してちょっと元気が出たので、出発する。

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

どろろの生い立ちも百鬼丸に負けず劣らず、

強烈なものでした。

ふたりとも負けるな!

 

あなたは、どう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

◆どろろ 原作紹介

発端の巻 百鬼丸の巻 法師の巻 金小僧の巻 万代の巻 人面瘡の巻
無残帳の巻 妖刀の巻 ばんもんの巻 白面不動の巻 鯖目の巻 地獄変の巻
二ひきのサメの巻 しらぬいの巻 無常岬の巻 ミドロの巻 どんぶりばらの巻
四化入道の巻 ぬえの巻

どろろ 1〜3巻

著者:手塚治虫
発行者:秋田貞美
発行所:(株)秋田書店

◆1巻

発端の巻
百鬼丸の巻
法師の巻
金小僧の巻
万代の巻
人面瘡の巻
無残帳の巻
妖刀の巻

◆2巻

ばんもんの巻
白面不動の巻
鯖目の巻
地獄変の巻

◆3巻

二ひきのサメの巻
しらぬいの巻
無常岬の巻
ミドロの巻
どんぶりばらの巻
四化入道の巻
ぬえの巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です