どろろ新アニメ化!手塚治虫原作 48体の魔神に身体を奪われし百鬼丸!

半世紀ぶり!?

手塚治虫の「どろろ」が新アニメ化!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

ゆるゆる投資ログPlusへようこそ!

 

今回は、どろろ新アニメ化!手塚治虫原作 48体の魔神に身体を奪われし百鬼丸!というお話。

 

 

どろろ新アニメ化!
手塚治虫原作 48体の魔神に身体を奪われし百鬼丸!

 

なにげにネットを見ていたら、

「どろろ」が約50年ぶりにアニメ化のニュース!

 

あなたは、ご存知ですか?どろろ。

 

数年前に、妻夫木聡さんと柴崎コウさんが実写でやった映画版もありました。

それは断片的にしか観てないのでよくわかりません…。

 

あと、プレステかなんかのゲームでもあったのかな…。

若い人は、こっちでごぞんじなのかな…?

 

小さい頃に観たどろろ

 

私が最初に「どろろ」を見たのは、テレビでした。

 

手塚治虫原作で、

わたしがまだ幼稚園か小一のころに放送していました。

 

たしか、日曜日の放送でした。

 

モノクロ画像で、

まあテレビも白黒テレビだったんですが…。

 

音楽がすごく印象的で…。

冨田勲氏が音楽担当だったことはあとで知りました。

 

おのれの出世のために、

我が子百鬼丸の身体を48体の妖怪に差し出す醍醐景光。

なんて父親だ!(百鬼丸の父親)

 

我が子のために、

熱いお粥をやけど覚悟で素手で受け取る母親。(どろろの母親)

なんか、この場面がすごく心に残っている。

 

百鬼丸の身体は…、三重苦どころではない。

なにしろ48体の妖怪に身体の一部ずつ持っていかれてしまう。

 

とても生きられるはずはないが、

ある人に助けられて成長したとのエピソードもあり。

妖怪から目を取り戻して、

義眼がぽろりと落ちる場面とかもあった。

 

で、その奪われた身体を取り戻すために妖怪を倒していくお話。

実の父親が敵(かたき)であり、

また実の兄弟と殺し合うエピソードもあり…。

 

確か、母親も景光に殺されてしまうのではなかったかな。

こどもには、けっこう強烈だった。

 

敵の妖怪も、心理的に怖いのが多かった。

おどろおどろしいです。

 

幼いころに見て、ものすごく印象に残っている作品です。

超オススメです。

 

ちなみに、百鬼丸の声を演じたのは野沢那智氏。

醍醐景光が納谷悟朗氏。

さすがです。良いお仕事してます。はい。

 

中盤まではほぼ原作漫画どおりに進んで、

最後の方がちょっと違います。

どっちも良いですよ。

 

マンガもDVDも発売されているはずなので、

ふつうに見られます。

 

新しいどろろ

今の時代に昔のように作るのはちょっとムリっぽいんで、

どんなアレンジになるんでしょう…?

自主規制も多くなりそうですが…。

 

できれば、あまり変えないで欲しいところです。

手塚治虫独特の柔らかい線を残した感じだと良いなあ。

とりあえず、今は期待して待っています。

 

なんか昔のマンガのリメイクが盛んです。

で、けっきょくいつ見られるのかなと思っていろいろ調べたが、

書いてあるところ見つかリませんでした。

 

どうでしょう?

いつ見られるのか、今から楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

※2019年3月28日追記

新しい「どろろ」のアニメ、

2019年の1月から放送しているようです。

アマゾンプライムビデオでも見られます。

 

けっこう変わった部分があります。

ていねいに作られているとは思うけど、

オレは昔のやつの方が好きかなぁ……。

 

◆どろろ 原作紹介

発端の巻 百鬼丸の巻 法師の巻 金小僧の巻 万代の巻 人面瘡の巻
無残帳の巻 妖刀の巻 ばんもんの巻 白面不動の巻 鯖目の巻 地獄変の巻
二ひきのサメの巻 しらぬいの巻 無常岬の巻 ミドロの巻 どんぶりばらの巻
四化入道の巻 ぬえの巻

どろろ 1〜3巻

著者:手塚治虫
発行者:秋田貞美
発行所:(株)秋田書店

◆1巻

発端の巻
百鬼丸の巻
法師の巻
金小僧の巻
万代の巻
人面瘡の巻
無残帳の巻
妖刀の巻

◆2巻

ばんもんの巻
白面不動の巻
鯖目の巻
地獄変の巻

◆3巻

二ひきのサメの巻
しらぬいの巻
無常岬の巻
ミドロの巻
どんぶりばらの巻
四化入道の巻
ぬえの巻

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です