どろろ

どろろ 原作紹介 手塚治虫の名作!あらすじ感想!その1 発端の巻

かつてアニメや映画、ゲームにもなった

手塚治虫原作の「どろろ」

新アニメ化に先駆けて、原作を紹介したいと思います。

 

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は、手塚治虫の名作「どろろ」原作紹介〜その1〜/あらすじと感想です。

 

【関連記事】どろろ 原作紹介 手塚治虫の名作!あらすじ感想!その2 百鬼丸の巻

 

 

「どろろ」原作紹介〜その1〜発端の巻
<あらすじと感想>

以下、「どろろ」発端の巻のあらすじと感想です。

 

雨中の寺院にて、

醍醐景光を待つ上人(しょうにん)。

雷鳴が鳴り響く。

 

景光は、魔神像が不気味に並ぶ「地獄堂」へと通される。

この48体の魔神像を彫った彫刻家は、発狂して死んだ……。

地獄堂から上人を追い払い、ひとりになった景光。

戦国の世で天下を取る野望!

景光は魔神に願う……。

 

「明後日生まれる予定のわが子の目・耳・口・手……、

48箇所を差し出そう!!」

 

そのとき、地獄堂にが落ちる。

衝撃で倒れる景光。

その額には十文字の傷

魔神たちは、景光の願いを聞き入れたらしい。

 

さらに景光は、様子を見に来た上人を切り捨てる。

そのをも魔神に差し出した。

雷に焼かれる上人。

 

数日後、赤子が生まれた……。

景光の子が……。

 

その恐ろしい光景を見て、逃げ出しまどう産婆たち……。

わが子の姿を見て、狂ったように笑い出す景光。

魔神は約束どおりにした……。

 

妻に向かい、「その子を捨てろ」と言い放つ!

口もきけず、目も見えず、耳も聞こえない。

手も足も使えない。

 

捨ててしまえば、忘れるさ……。

景光とその妻は、

わが子を布でくるみ川に流した。

 

おのれの野望のために、わが子を差し出す!

一言で言えばそうだけど……。

なんかね、最初から強烈でした。

 

「どろろ」概要

手塚治虫原作による漫画「どろろ」。

 

1967年に週刊少年サンデーにて連載スタート。

第1部終了のあと、冒険王にて連載が再開される。

 

1969年にアニメ化

 

その後も、実写映画ゲームにもなった。

 

自らの肉体を奪った48体の魔神を倒しながら、

身体を取り戻していく百鬼丸と相棒・どろろの冒険譚。

 

 

宿命の父子の今後?

おのれの出世のために、

わが子を魔神にささげた醍醐景光。

 

雷が鳴り響く地獄堂内……。

魔神像のまた怖いこと。

OK!」のしるしが額の十文字傷っていうのも……。

 

産婆さんも逃げ出すぐらいの禍々しい姿の赤ん坊……。

このあとどうなるのか、非常に心配なところです。

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

とりあえず、

2019年1月の新アニメは楽しみにしております。

 

あなたは、どう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

◆どろろ 原作紹介

発端の巻 百鬼丸の巻 法師の巻 金小僧の巻 万代の巻 人面瘡の巻
無残帳の巻 妖刀の巻 ばんもんの巻 白面不動の巻 鯖目の巻 地獄変の巻
二ひきのサメの巻 しらぬいの巻 無常岬の巻 ミドロの巻 どんぶりばらの巻
四化入道の巻 ぬえの巻

 

どろろ 1〜3巻

著者:手塚治虫
発行者:秋田貞美
発行所:(株)秋田書店

◆1巻

発端の巻
百鬼丸の巻
法師の巻
金小僧の巻
万代の巻
人面瘡の巻
無残帳の巻
妖刀の巻

◆2巻

ばんもんの巻
白面不動の巻
鯖目の巻
地獄変の巻

◆3巻

二ひきのサメの巻
しらぬいの巻
無常岬の巻
ミドロの巻
どんぶりばらの巻
四化入道の巻
ぬえの巻

 

-どろろ

© 2020 ゆるゆる投資ログPlus