ウルトラマン 第19話「悪魔はふたたび」あらすじと感想

ウルトラマン 第19話より引用

 

工事現場から発見されたタイムカプセル

古代人が残したものなのか!?

カプセルから出現した2大怪獣!

赤い怪獣バニラ

青い怪獣アボラス

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は円谷プロ制作の空想特撮シリーズ「ウルトラマン」から、

第19話「悪魔はふたたび」のあらすじと感想です。

 

 

ウルトラマン 第19話「悪魔はふたたび」
<あらすじと感想>

ウルトラマン第19話「悪魔はふたたび」は、

1966年11月20日に放送された。

脚本は山田正弘氏と南川竜氏、監督は野長瀬三摩地氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

ウルトラマン 第19話より引用

工事現場から金属板とタイムカプセルが発見された。

考古学者が古代文字を解読する。

3億5千年前の古代人!?

 

金属板には赤と青の怪獣・バニラとアボラスのことが記されていた。

怪獣が蘇れば人類は滅ぶ!?

 

古代人に「悪魔」と呼ばれた2大怪獣!?

赤い怪獣・バニラは工事現場から、

青い怪獣・アボラスは鉱物試験所から相次いで復活!

お互いに引き合うバニラとアボラス!

ついに国立競技場で相まみえた!

 

赤色火焔怪獣バニラ
青色発泡怪獣アボラス

ウルトラマン 第19話より引用

赤色火焔怪獣バニラ青色発泡怪獣アボラス

赤と青、そして火と水(泡)。

対照的な両雄でした。

 

国立競技場で大暴れ

バニラを溶かし、ウルトラマンをも苦戦させたアボラス!

 

そのアボラスのスーツはあのレッドキングを改造したものです。

頭をすげ替えて色を青くすると、けっこう印象が変わりました。

口が大きく裂けているのも特徴でした。

このあと、再度レッドキングに戻されました。

 

3億5千年前って!?

科特隊の作戦室内での

アラシ・イデ・フジ各隊員のセリフ。

3億5千年前とか1億5千年前とか言ってます。

 

300005000年前って……!?

3億5千年前って、普通は言わないと思うけど?

3億5千万年前が正解!

 

うっかりなのか?わざとなのか?

なにか、意味があったのか?

 

どうでもいいか……。

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

謎のカプセルと2大怪獣!

旧国立競技場の巨大セット

中身の濃い大作でした。

 

あなたは、どう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です