ウルトラQ 第21話「宇宙指令M774」わたしの名はゼミ……あらすじ感想

ウルトラQ 第21話より

 

宇宙人キール星人が送り込んだ侵略兵器!?

巨大エイ怪獣・ボスタング!

ルパーツ星人・ゼミから地球人にメッセージが届く!?

 

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は円谷プロ制作の空想特撮シリーズ「ウルトラQ」から、

第21話「宇宙指令M774」のあらすじと感想です。

 

 

ウルトラQ 第21話「宇宙指令M774」<あらすじと感想>

ウルトラQ 第21話「宇宙指令M774」は、

1966年5月22日に放送された。

脚本は上原正三氏、特技監督は的場徹氏、

監督は満田かずほ氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

豪華客船クイーンパール号の船室……。

トランプのババ抜きに興じる万丈目、由利子、一平の仲良しトリオ……。

負け続きで熱くなった由利子は、デッキへ涼みに……。

 

ウルトラQ 第21話より

落ちていたフランス人形に気づいて、

拾い上げた由利子。

夜空には流れ星。

フランス人形が突然話しはじめた。

 

「わたしの名はゼミ……

わたしの名はゼミ……

ルパーツ星人です

地球人に警告します

地球に怪獣ボスタングが侵入しました

とても危険です……」

 

びっくりした由利子は、

人形を海に投げ捨てた。

部屋に戻って万丈目と一平に話したが、

信じてはもらえなかった。

 

……万丈目指導のもと、一平のセスナ操縦訓練

順調に上達……、

と思いきや突然操縦桿がきかなくなる。

 

……なぜか無人のセスナが星川航空に戻った。

万丈目と一平は、不明な山中を歩いていた……。

地球かどうかも不明?

前方に山小屋を発見!

やはり地球だったのか、と一安心。

 

小屋に入ってみると、

置いてあるジュークボックスが自動演奏!?

由利子も聞いたというルバーツ星人からのメッセージが!?

 

「地球に怪獣ボスタングが侵入しました
早くボスタングを攻撃する用意をしてください」

 

万丈目と一平は、

遠隔操作でこの場所に誘導されたのだった。

 

地上に戻った万丈目たちは、

メッセージに従い中央図書館イチジョウキヨミを訪ねた。

 

宇宙指令M774による地球防衛が、

ルパーツ星人・ゼミの任務。

イチジョウキヨミは、ゼミの地球上での名だ。

 

キール星人地球侵略のために送り込んだ怪獣ボスタング……。

海中で卵から孵り、タンカーを襲った!

 

……出向前の巡視船の船長にボスタングのことを話し、

同乗する万丈目たちとイチジョウキヨミ。

洋上に出て、ボスタング出現!

音に敏感なボスタング。

船のエンジンを切る。

 

近くを曳航中の客船にも無電連絡

にらめっこは続く……。

ボスタングが客船の方向に動いた!

客船には500人の観光客が!

巡視船がオトリになるために、エンジン始動

 

向かってきたボスタングに攻撃開始

しかしボスタングの勢いは衰えず……。

間一髪のところ、空からの応援部隊到着。

ミサイル攻撃により、ボスタングは爆発した。

 

怪獣ボスタング

キール星人が地球侵略のために送り込んだ怪獣ボスタング

巨大なエイのような姿をした怪獣。

音に敏感で、大型タンカーをも破壊する。

 

この時代の怪獣は見た目が非常にシンプルでした。

特にこのボスタングは、

こどもの目で見ても大きなエイにしか見えませんでした。

 

ウルトラQ 第21話より

 

今回のゲスト

巡視船の船長役で藤田進氏が出演。

ウルトラセブン」での地球防衛軍・長官役は有名。

東宝特撮映画でも、自衛隊の指揮官役とかが多かったですね。

 

ルパーツ星人・ゼミ役で水木恵子氏が出演しました。

最後の視聴者に問いかけた言葉、印象に残りました。

 

「あなたのお隣の方……。

その人も宇宙人かもしれませんよ!?」

ウルトラQ 第21話より

 

いかがだったでしょうか?

 

サンダル履きで海岸から上陸したルパーツ星人・ゼミ。

これからは地球人として生きていく。

宇宙からやってきて地球に住み着く……。

そういう人はいっぱいいるそうです。

 

「あのひとも、あのひとも、あのひとも……」

 

みんな似たようなサンダル履いてました。

 

あなたはどう思いましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

 

▼総天然色ウルトラQ Blu-ray▼

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です