ウルトラQ 第8話「甘い蜜の恐怖」ハニーゼリオン!あらすじ感想

今度は、大モグラ!?

ハニーゼリオンを与えられたモグラが巨大化!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は円谷プロ制作の空想特撮シリーズ「ウルトラQ」から、

第8話「甘い蜜の恐怖」のあらすじと感想です。

ウルトラQ 第8話「甘い蜜の恐怖」<あらすじと感想>

ウルトラQ 第8話「甘い蜜の恐怖」は、1966年2月20日に放送されました。

脚本は金城哲夫氏、特技監督は川上景司氏、

監督は梶田興治氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

ある嵐の晩……。

なにものかが、

温室のガラスを割る!?

 

……万丈目は、

一平にセスナの操縦を指導中。

地上では、

走る列車がトンネルを抜けて行く……。

 

そのとき、異様に盛り上がる地面!?

列車は脱線し、

積み荷の材木が転がった!

 

ハニーゼリオン

……伊佐山農事試験場。

 

地蜂の巣がなにものかに荒らされ、

女王蜂の幼虫やサナギが全滅

 

ハニーゼリオンを投与して巨大になった地蜂……。

 

ハニーゼリオンとは、

ローヤルゼリー何百倍かの効力を持つ薬品。

 

その日の宿直伊丹研究員だった……。

目撃者である守衛の証言で、

動揺した伊丹は外に飛び出していった!

 

……大モグラが出たとの報告が入る!

自衛隊とともに調査に赴く一同。

 

洞穴の中で伊丹は、

迫る大モグラに対しダイナマイトを爆発させた!

 

同僚の木村への嫉妬心から、

温室にモグラを引き入れた伊丹……。

自衛隊によるミサイルと戦車の攻撃で、

大モグラは地中へ潜った……?

相当の攻撃を受けたので、

もう地上に姿を現さないと思われるが……。

 

大モグラは火山地層衝突し、

噴火が誘発されるのだった……。

 

ゲスト俳優陣

伊佐山農事試験場の研究員・木村を演じたのは、黒部進氏です。

ウルトラマンハヤタ隊員を演じる前なので、

更に若くて二枚目でした。

 

木村の婚約者・愛子を演じたのは、沢井桂子氏。

1960年代の東宝映画にけっこう出演されているようです。

 

木村のライバル・伊丹を演じたのは、岩下浩氏です。

研究成果や愛子のことで、

木村のことを妬んでいた伊丹……。

岩下氏は、

後のウルトラセブン 第12話「遊星より愛をこめて」で、

スペル星人の人間体・佐竹を演じました。

 

石坂浩二氏のナレーション

  • オープニング

不気味な雷鳴とともに、一人の男がアンバランス・ゾーンに落ちたのです。

これから30分、あなたの眼はあなたの身体を離れて、

この不思議な時間の中に入っていくのです

 

  • エンディング

小さな心のゆがみが、

こういう事態を引き起こさないとも限らないのです。

なぜなら、

アンバランス・ゾーンはあなたの身近に……、

いや、あなた自身の心の中に存在するのです

 

いかがだったでしょうか?

 

地蜂もモグラも巨大化させてしまったハニーゼリオン!?

むやみに使ってはいけません!

 

あなたはどう思いましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】総天然色ウルトラQ 3(ブルーレイ)
価格:6264円(税込、送料無料) (2019/4/12時点)

楽天で購入

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です