ウルトラマンA 「3億年超獣出現!」 久里虫太郎!あらすじ感想!

ウルトラマンA 第4話より引用

 

漫画家の久里虫太郎邸に招かれた美川隊員

一方、3億年前の古代魚が昏睡状態で発見される!?

出現した超獣ガランを攻撃するとなぜか久里も苦しむ!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は円谷プロ制作の第2期ウルトラシリーズ「ウルトラマンA」から、

第4話「3億年超獣出現!」のあらすじと感想です。

 

 

ウルトラマンA 第4話「3億年超獣出現!」
久里虫太郎!?<あらすじと感想>

 

ウルトラマンA 第4話「3億年超獣出現!」 は、

1972年4月28日に放送された。

脚本は市川森一氏、特殊技術は佐川和夫氏、監督は山際永三氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

美川隊員は漫画家の久里虫太郎邸に招かれる。

同窓会の誘いだった。

一方、3億年前の古代魚が発見される。

それは昏睡状態ながらも生きていた!?

 

 

漫画家・久里虫太郎と美川隊員

ウルトラマンA 第4話より引用

 

人気漫画家の久里虫太郎。

美川隊員とは中学時代の同窓生。

清水紘治氏が怪演した。

 

かつて突き返されたラブレターを執念深く所持。

同窓会だと偽り、再度手渡す!?

ウルトラマンA 第4話より引用

 

しかもその手紙の中には怪獣の絵!?

どうかしてるでしょ。

 

美川に結婚を迫り、

断られると拉致監禁!!

逃げようものなら矢を放つ狂人でした。

 

ヤプールからテレパシー?(念力のような?)を与えられ、

彼が漫画で描いたことが現実になった。

 

古代超獣ガラン

ウルトラマンA 第4話より引用

昏睡状態で発見された3億年前の古代魚!?

ヤプールにより超獣として送り込まれた。

 

超獣ガランと久里虫太郎の最期

ウルトラマンA 第4話より引用

 

現実世界と連動する久里虫太郎の漫画?

 

ウルトラマンAの攻撃でガランの右腕が切断される。

同時に久里の右腕にも激痛が走る!?

 

光線技で燃え上がるガランと連動し、

久里邸も燃えてしまった……。

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

中学時代に受け取ってもらえなかったラブレター!

それを再び渡す執念の人・久里虫太郎。

 

しかも中身は怪獣の絵!?

かつての同級生を拉致監禁

逃げようものなら矢を放つ!

完全にイカれいている。

 

部屋の片隅に転がる白骨死体!?

過去の犠牲者か?

 

偏執狂・久里虫太郎

 

ウルトラシリーズの路線から完全にはみ出してる!?

 

あなたは、どう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

【関連記事】ウルトラマンダイナ 第38話「怪獣戯曲」 あらすじ感想!実相寺監督

 

 

Follow me!

2 thoughts on “ウルトラマンA 「3億年超獣出現!」 久里虫太郎!あらすじ感想!

  1. マイケル村田 より:

    久里虫太郎以外の人間側の悪役と言えば第14話「銀河に散った五つの星」に登場した高倉司令官もその1人ですね。但し高倉司令官の方は「敵よりも邪魔な味方」的な存在で、事態をさらに悪い方向へ進ませる曲者。
    高倉司令官の行動はというと…、第13話でのバラバ&ヤプールとの戦いで敗北したウルトラマンA(北斗星司&南夕子)&TAC、この危機的状況から打開するため、南太平洋本部から高倉司令官が来日したのだが…。その作戦がゴルゴダ星を拉致されているウルトラ4兄弟ごと超光速ミサイルNo.7で消し去るという外道かつ鬼畜な作戦。しかしこんな人道を無視した作戦等、北斗星司が断固として反対だったが、高倉司令官は聞き耳持たない上に、計画を強行し、計画を反対された事にキレて北斗を強制的にミサイルの操縦士の任命、そして計画が実行されたものの、設計上にミスが生じ、ミサイルが切り離し不可能となり作戦失敗で地球に帰還する事を選択するどころか、自分のプライドを守りたいために作戦を強制的に続行させる形で北斗に特攻を強要。この神風特攻を命じたせいで高倉司令官は、竜五郎にパンチされた挙句、山中と南に極東支部から追放される結果となった…。

    久里虫太郎もイカれいておりましたが、第14話で権力で好き放題にやりまくった高倉司令官も久里虫太郎と並ぶ程の狂人っぷりだなぁ…。まぁ、ムック本によれば高倉司令官はゴルゴダ星爆破計画の失敗の責任を問わされて、TACニューヨーク総本部からの軍法会議で南太平洋本部の司令官の座を略奪されたとか…。

    1. ヒロシさん より:

      当ブログをご覧いただきありがとうございます。
      貴重で詳細なコメントに感謝いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です