ウルトラセブン 第3話「湖のひみつ」(製作第1話)あらすじと感想

放送回としては第3話の「湖のひみつ」ですが、

実は製作順では第1話です。

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

今回は、円谷プロ制作の空想特撮シリーズ「ウルトラセブン」

その第3話「湖のひみつ」のあらすじと感想です。

一番最初に撮影された「ウルトラセブン」なので、

力が入っている感ありありでございました。

ウルトラセブン 第3話「湖のひみつ」
〈あらすじと感想〉製作第1話!

ウルトラセブン 第3話「湖のひみつ」は、

1967年10月15日に放送されました。

記念すべきウルトラセブン製作第1話です。

脚本は金城哲夫氏、監督は野長瀬三摩地氏です。

以下、あらすじと感想です。

木曽谷に不明の落下物が!

フルハシとダンが、湖周辺で聞き込み。

釣り人の竿にかかった妙な魚を、少女が奪う!?

そして、その生物を湖に逃がした!

少女を追ったフルハシとダンは、円盤を発見!

中に入ると、さっきの少女がいた!?

突然噴き出す催眠ガス?

消えいく意識の中で、ダンはウルトラアイを盗まれてしまう

気がついたダンは、円盤の外へ。

フルハシは、少女を基地に連れ帰った。

もうひとりの少女が、湖から宇宙怪獣・エレキングを出現させた。

ダンは、カプセル怪獣・ミクラスで応戦する。

基地の少女は、作戦室を破壊し、

ウルトラホーク2号で脱出し、円盤に戻る。

ダンは、円盤内で少女からウルトラアイを取り戻した

ウルトラセブンに変身し、エレキングを倒す!

少女二人の正体は、ピット星人。

「計画は失敗」と、円盤で逃亡……。

エレキングの最期

湖から登場、その当初は白と黒が鮮やかだったエレキングの肌。

白黒柄の牛のような、もしくはダルメシアン犬のような……。

後半になるにつれて、

ハードな撮影からか、どんどん茶色くくすんでいきます。

その最期は、

左右反対側に回る角をエメリウム光線で破壊され、

アイスラッガーで尻尾を斬られ、トドメは首チョンパ

だらだら血を流し、そして大爆発!

……完膚なきまでにやられたのでした。

カプセル怪獣・ミクラス

立派な角が何本も生えていて、ずんぐり体型。

そして、つぶらな瞳

現代だったら、アイドル怪獣になってもおかしくないミクラスが初登場です。

パワーで、エレキングに真っ向勝負を仕掛けました。

エレキングの尻尾からの放電攻撃に苦しみますた。

前座怪獣の宿命で、敵怪獣をやっつけたことはありません……。

ということで、いかがだったでしょうか?

湖での巨大怪獣同士の闘い、尻尾による放電攻撃とか、

その後にウルトラセブンがかっちょよく登場!

見応えありますた!

あなたは、どう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です