ウルトラセブン 第9話「アンドロイド0司令」あらすじと感想

なんだか怪しいおもちゃじいさんの陰謀とは!?

マネキンねーちゃんも出てきます……

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

今回は、円谷プロ制作の空想特撮シリーズ「ウルトラセブン」

第9話「アンドロイド0司令」のあらすじと感想です。

ウルトラセブン 第9話「アンドロイド0司令」
〈あらすじと感想〉

ウルトラセブン第9話「アンドロイド0司令」は、

1967年11月26日に放送されました。

脚本は上原正三氏、監督は満田かずほ氏です。

以下、あらすじと感想です。

深夜のパトロール……。

ポインターの中はフルハシとソガの両隊員。

車の前に、ひとりの美少女が……。

美少女をダンを狙っていた……。

助平心を出してダンに成りすましたフルハシに電気ショック!!

フルハシの手に残るブローチに「アンドロイド0司令」なる文字が……。

調査を命じられたソガとダンは、おもちゃじいさんなる老人と出遭うのだった。

じいさんは、こどもたちにおもちゃを配っていた……。

おもちゃの事がやけに気になるダン。

夜……、ソガとダンは、例の美少女を追いデパートへ。

現れるじいさんと美少女……。

じいさんの正体はチブル星人

アンドロイド0司令とは、

こどもたちを操り、自らが与えたおもちゃの兵器を使っての地上侵攻!

そして、そのおもちゃの兵器は地球上のどんな武器より強力!

おもちゃの戦車や戦闘機に襲われるソガとダン!

「おもちゃに殺られてたまるか!」と言うソガが負傷する。

ダンはセブンに変身!美少女を倒すと、お人形さんに!

おもちゃじいさんも人間の姿から、

頭でっかちのチブル星人に変化。

しかし、セブンにあっけなく倒される!

アンドロイド0司令は、発令されずにすんだのだった……。

おもちゃじいさんとマネキンねーちゃん(アンドロイド少女)

おもちゃじいさんことチブル星人は、

アンドロイド少女を操り自らの手下として使った。

セブンのエメリウム光線により、

人形に戻ったマネキンねーちゃん(アンドロイド少女)

子供たちとおもちゃ型の兵器を使い、

地上に攻撃をかけようとした。

チブル星人も正体を現したものの、あまりにも弱かった

あっという間に倒された。

セブンのエメリウム光線で、泡と消えるのであった……。

ということで、いかがだったでしょうか?

お話は面白いんだけど、

おもちゃの兵器がおもちゃにしか見えなかった!

そこが、少々残念でした。

あなたは、どう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です