ウルトラセブン 第10話「怪しい隣人」イカルス星人!あらすじと感想

隣に変なおじさんが住んでいたら……!?

療養中でほかにやることもないし、気になって仕方がない……。

調査にあたるダンは、風船いっぱいの夢の世界へ!?

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

今回は、円谷プロ制作の空想特撮シリーズ「ウルトラセブン」

その第10話「怪しい隣人」のあらすじと感想です。

ウルトラセブン 第10話「怪しい隣人」
〈あらすじと感想〉

ウルトラセブン第10話「怪しい隣人」は、

1967年12月3日に放送されました。

脚本は若槻文三氏、監督は鈴木俊継氏です。

以下、あらすじと感想です。

姉・りつ子の別荘にて、

交通事故の療養中だったアキラ少年……。

じぃっと座ったままの隣人が気になって仕方ない。

怪しい……。

そんなアキラ少年……、

一羽の鳥が死んだまま宙に浮いている現象を発見する……。

異変を聞いて、駆けつけたダンとアンヌだった。

ダンは、鳥の浮いている空間にダイブ!

異次元空間に迷い込んだ……。

そこは、イカルス星人が地球侵略のための基地だあり、四次元空間……。

ここから三次元の地上を攻撃する!?

ダンは、この空間に閉じ込められた……。

円盤により、東京を攻撃するイカルス。

そして、攻撃を終えると四次元空間へと消える。

ダンは、覚悟を決めコントロールマシンを破壊する。

空間から脱出し、セブンに変身、イカルス星人を倒す。

宇宙へ逃げる円盤は、ホーク2号が撃破したのだった……。

愛らしいイカルス星人!

怪しい隣のおじさんは、しかめっ面してましたが……。

正体を現したイカルス星人は、耳をピクピク動かして両手は顔の脇に、愛嬌たっぷりでした。

大量の針のような熱線を出して、林を焦がしました……。

風船いっぱい!ゆがんだ四次元空間!?

異次元、四次元空間とはどんなものか、オレにはわからない。

まあ、今回の四次元空間も、イメージなんだろうけど……。

コントロールマシンがあって、バックは真っ白……。

パイプみたいのが通っていて……。

黄色い風船がいっぱい……。

で、なんか空間が歪んでいて……。

まあ、それっぽい雰囲気ですた。

ということで、いかがだったでしょうか?

時代は変わって現代……、

隣人をずっと見張っていたら

逆に通報されてしまうやもしれません……。

あなたは、どう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です