ウルトラシリーズ

帰ってきたウルトラマン 第4話!流星キックとキングザウルス三世!

2019年3月19日

帰ってきたウルトラマン 第4話より

 

キングザウルス三世に敗れたウルトラマン。

特訓を重ね流星キックを会得する郷秀樹。

ウルトラマンが勝てないなら、オレが勝ってやる!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は円谷プロ製作の「帰ってきたウルトラマン」から、

第4話「必殺!流星キック」のあらすじと感想です。

 

 

帰ってきたウルトラマン 第4話「必殺!流星キック」
<あらすじと感想>

帰ってきたウルトラマン 第4話「必殺!流星キック」は、

1971年4月23日に放送されました。

脚本は上原正三氏、特殊技術は高野宏一氏、監督は筧正典氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

古代怪獣キングザウルス三世現る!

怪獣現るの報がMATに。

第一原子力発電所が危ない。

四足歩行の巨体、怪獣キングザウルス三世出現!

郷がウルトラマンに変身!

ウルトラマンは、スペシウム光線から光線技のオンパレード

しかしバリアを展開した怪獣は、その攻撃を全く受け付けない。

長く強力な角で、逆にウルトラマンを撃退してしまう。

 

苦悩する郷秀樹

救助された郷は、国連病院で悔しがっていた。

調査の結果、怪獣は放射能光線を吐くことがわかった。

ウランが好物で、今度は第一原子力発電所を襲う可能性が高い。

 

アキと次郎たちが、郷のお見舞いにやって来た。

しかし、郷は丘隊員と仕事の話。

アキと次郎は仕方なく帰路につく。

 

バリアを飛び越せれば……、悩む郷。

思いつめて、病院から姿を消してしまった。

 

特訓!

第一原子力発電所に接近するキングザウルス三世。

失踪した郷を探して、加藤隊長は坂田のもとへ。

坂田は、かつてともに汗を流した平井峠を思い出した。

郷は、そこにいた。

ウルトラマンが勝てないならオレが勝ってやる……。

 

丸太を担いで走ったり、テントを飛び越えたり、特訓中!

アキと次郎がたずねるが、ただならぬ雰囲気に声をかけられない。

 

郷は谷を飛び越えようと一生懸命。

思うように飛べない……。

せまりくる怪獣を思い浮かべ、ついに成功した。

発電所の周辺は、怪獣に備えMATが厳重にパトロールしていた。

 

チームワークの勝利!

そして怪獣はやってきた。

マットアローが出動!

郷も現場へ急ぐ。

なぜか生身のままでぶつかっていく郷!?

すごいジャンプ力ではあるが……、はね返されウルトラマンに変身!

そして、流星キックが炸裂!

 

角をへし折られたキングザウルス三世は、敵前逃亡をはかる。

スペシウム光線でとどめ!

 

現場で倒れている郷。

加藤隊長が声をかける。

「よくやった、立派だったぞ……

チームワークの勝利だ……」

 

古代怪獣・キングザウルス三世とは?

キングザウルス三世。

その名前の由来には、諸説あり。

 

ウルトラマンに登場したレッドキング

ウルトラセブンのエレキング

それに次ぐ第三のキングの名を冠した怪獣!?

それが、キングザウルス三世!?

 

もともとオクラ入り脚本の「呪われた怪獣伝説」にて登場予定。

古代アトランティス人に改造された怪獣キングザウルス、

その三代目(?)という設定!?

 

名前だけが残ったらしい。

 

流星キックとは?

郷秀樹が特訓して会得した、遠間から飛び込む必殺のキック!

ウルトラマンと一心同体ではあるものの、厳密には別人であるはずの郷。

ウルトラマンに変身しても郷の意識はあるのか?

 

郷が身につけた技をウルトラマンが受け継げるかは、

微妙な気もする。

そもそも元々飛行能力があるウルトラマンに、

さらなるジャンプ力が必要だったのか?

 

とにかくジャンプ力を生かして、遠間から飛び込む!

このキックにより、キングザウルス三世の角をへし折った!

バリアを無効化に成功。

 

とにかく特訓!

その成果で敵を倒す。

ウルトラシリーズにてこのパターンの元祖と思われます。

ということで、いかがだったでしょう?

 

2度も仲間に救助された郷。

そのむちゃを怒るどころか、ほめる加藤隊長?

どうなんでしょう……。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

 

-ウルトラシリーズ
-

Copyright© ゆるゆる投資ログPlus , 2020 All Rights Reserved.