ウルトラセブン 第1話「姿なき挑戦者」風来坊登場!あらすじと感想

前作の「ウルトラマン」から東映の「キャプテンウルトラ」をはさんで、

円谷プロのウルトラシリーズが帰ってきますた。

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

今回は、円谷プロ制作の空想特撮シリーズ「ウルトラセブン」

その第1話「姿なき挑戦者」のあらすじと感想です。

どこからともなく現れた風来坊、

モロボシ・ダンとは何者か!?

ウルトラセブン 第1話「姿なき挑戦者」
<あらすじと感想>

ウルトラセブン第1話「姿なき挑戦者」は、1967年10月1日に放送されました。

脚本は金城哲夫氏、監督は円谷一氏です。

以下、あらすじと感想です。

各地で人間が消えるという事件が連続する!

地球防衛軍のエースチームであるウルトラ警備隊が、調査を開始!

パトロール中のフルハシ・ソガ両隊員の前に、一人の青年が現れる。

青年は、自らを風来坊のモロボシ・ダンと名乗った。

ダンは、先に進んではいけないと警告する。

無視して進むパトカー!

怪しい光を浴びて消滅してしまう……。

地球防衛軍基地に、クール星人から全面降伏勧告の通信が入る。

長官は断るが、直後に京浜工業地帯を爆破される。

ダンは、見えない円盤に色をつけることを提案。

特殊噴霧装置が開発され、ウルトラホーク1号に装備された。

噴霧装置により、その姿を現す円盤。

ダンは、カプセル怪獣ウインダムを使う。

円盤の攻撃に苦戦するウインダムを戻し、

自らがウルトラセブンへと変身するダン。

円盤内に侵入し、内部を破壊。

更に、クール星人をアイスラッガーで一刀両断

捉えられていた人々を救い出しますた。

事件は、一件落着。

ウルトラ警備隊の隊員に迎え入れられたモロボシ・ダンですた……。

風来坊モロボシ・ダン登場!

自らを風来坊と名乗るモロボシ・ダン

身元不明の人間が、

いきなり地球防衛軍のウルトラ警備隊に所属することに!?

しかも正体は宇宙人。

健康診断とか身元照会とかを経なかったのでせうか!?

ふと疑問に思うところでありました……。

カプセル怪獣

ポケモンの元祖とも云われるカプセル怪獣。

ウルトラセブンがM78星雲から持参しますた。

早く云えば、ウルトラセブンが登場するまでの繋ぎなので、

ちょっと弱いのが残念でした……。

ちなみに今回登場のウインダムの声は、

東宝怪獣のメカニコングの声と同様のものですた……。

問答無用ウルトラセブン!

クール星人の円盤に侵入したセブン!

もう、いきなり内部を破壊!

クール星人を見つけると、いきなりアイスラッガーで真っ二つ!

まさに問答無用!傍若無人!

……って、拉致された人々を救出するためです。

これでいいのだ!

ということで、いかがだったでしょうか?

ウルトラマンより更に戦闘的イメージのウルトラセブン。

地球防衛軍の設定もしっかりしていました。

昔のドラマなので、細かいアラには目をつぶりましょう!

想像力で補いませう!

あなたは、どう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

【関連記事】ウルトラマン 第1話「ウルトラ作戦第一号」ベムラー登場!あらすじ感想

【関連記事】帰ってきたウルトラマン 第1話あらすじ感想!怪獣総進撃

【関連記事】ウルトラマンレオ 第1話セブンが死ぬ時!東京は沈没する! あらすじ感想

【関連記事】ウルトラマンティガ 第1話「光を継ぐもの」あらすじ感想!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です