ウルトラマンティガ 第40話「夢」 あらすじと感想!実相寺監督

ウルトラマンティガ 第40話より引用

 

失恋の痛手から夢に逃れるイクタ青年。

と同時に出現する怪獣!?

なぜか実体のない怪獣に攻撃は無効!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は平成ウルトラマンシリーズ第一弾「ウルトラマンティガ」から、

第40話「夢」のあらすじと感想です。

 

 

ウルトラマンティガ 第40話「夢」
〈あらすじと感想〉実相寺監督作品

 

ウルトラマンティガ 第40話「夢」は、

1997年6月7日に放送された。

脚本は薩川昭夫氏、特技監督は服部光則氏、

監督は実相寺昭雄氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

人は誰でも夢を見る……。

彼女のために苦労して手に入れたオペラのチケット。

しかしフラれてしまうイクタカツマ青年!

夢へと逃避。

なぜか同時に怪獣出現!

一切の攻撃が効かない怪獣。

イクタ青年が目を覚ますと消えてしまう!?

 

 

イクタカツマ青年とドクトル・チヒロ

ウルトラマンティガ 第40話より引用

 

夢を見てバクゴンを出現させたイクタ青年。

演じたのは角田英介氏。

 

嶋田久作氏扮するドクトル・チヒロのカウンセリングを受けました。

オカマチックな怪しいカウンセラーでした。

 

イクタ青年の上司役で、

実相寺監督の盟友・寺田農氏も出演していました。

 

浅野忠信氏も出演

ウルトラマンティガ 第40話より引用

 

ガードマン役で浅野忠信氏も出演。

怪獣バクゴンの出現に驚いていました。

 

ウルトラマンティガ vs バクゴン

ウルトラマンティガ 第40話より引用

 

実体のないバクゴンに攻撃は無効!?

イクタ青年の思いがつのるほどに、

だんだんと輪郭がくっきり!

色も派手になっていきました。

 

全てを悟ったダイゴ隊員は敵前逃亡!?

夢の世界に旅立った。

そして夢の中でウルトラマンティガに変身!

怪獣と戦った!

 

副隊長らがイクタ青年の身柄を拘束し、怪獣は消えた。

 

 

モルフェウスD

人間の意識を現実化するモルフェウスD

特殊な人間の脳波に反応する宇宙線

 

イクタ青年が夢で見た怪獣バクゴンを現実化した。

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

〜人は誰しも夢を見る

夢に逃れる

夢に遊ぶ 〜

 

全編に流れるオペラ

矢継ぎ早に切り替わるカット。

不安定な画面?

このエピソード自体がのよう……。

不思議なお話でした。

 

 

あなたは、どう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

【関連記事】ウルトラマンティガ 第1話「光を継ぐもの」あらすじ感想!

【関連記事】ウルトラマンティガ 第37話「花」あらすじ感想!実相寺監督

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です