ウルトラマンティガ 第1話「光を継ぐもの」あらすじ感想!

ウルトラマンティガ 第1話より引用

 

平成の世、待ちに待ったウルトラマンが復活!?

第2期ウルトラのタロウやレオとも打って変わって、

シンプルな2枚目ウルトラマン!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は平成ウルトラマンシリーズ第一弾「ウルトラマンティガ」から、

第1話「光を継ぐもの」のあらすじと感想です。

 

ウルトラマンティガ 第1話「光を継ぐもの」
〈あらすじと感想〉

ウルトラマンティガ 第1話「光を継ぐもの」は、

1996年9月7日に放送された。

脚本は右田昌万氏、特技監督は高野宏一氏、監督は松原信吾氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

闇の力が活動を再開!?

超古代怪獣も復活する。

 

超古代の予言!

タイムカプセルからのホログラム映像。

 

GUTS隊員らは東北地方に向かった。

ピラミッド内に眠っていた3体の巨人

ダイゴ隊員は巨人の石像を怪獣から守るために戦う。

 

光となったダイゴは石像と融合!?

光の巨人ウルトラマンティガが、

永き眠りから目覚めた!

 

3体の石像

ピラミッドの中に眠っていた3体の石像。

怪獣によって2体は破壊されてしまう。

ダイゴ隊員と一体化したウルトラマンティガのみが蘇る。

 

破壊された2体は、

もはや蘇る術はなし?

 

ウルトラマンは1体ではなかった。

過去ではなにがあったのか?

ウルトラマンの物語に奥行きを感じさせる。

 

 

復活第1作としてのウルトラマンティガ

1965年の「ウルトラQ」に始まり、

翌66年に誕生したウルトラマン

 

1981年に「ウルトラマン80」が終了し、

長い眠りに。

 

90年台に入って復活の噂があったものの、なかなか実現せず。

 

当時の子供達は、

ビデオやゲームなどでウルトラシリーズに触れてはいた。

 

グリッドマン」などを経てようやく復活した「ウルトラマン」。

 

主役がV6の長野博氏。

防衛組織の隊長に「ダンスはうまく踊れない」の高樹澪氏。

かつてハヤタ隊員を演じた黒部進氏の実娘・吉本多香美氏も出演。

 

地球生まれのウルトラマン?

ウルトラマンティガ!?

 

2019年になった今も続くウルトラマンシリーズ。

今のウルトラマンは、ゴテゴテいっぱいよけいなものがついている。

 

世界観を無視して、オールスターを出演させる。

おもちゃを売るのが第一。

スポンサー第一。

 

そう考えると、

復活第1作として、

試行錯誤して取り組んだ意欲作でした。

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

放送当時に思ったこと。

主役俳優がジャニーズ事務所?

地球出身のウルトラマン!?

ウルトラマンにビデオ映像って?

でも今となっては、そんなに気にならないかも。

 

あなたは、どう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

【関連記事】ウルトラマン 第1話「ウルトラ作戦第一号」ベムラー登場!あらすじ感想

【関連記事】ウルトラセブン 第1話「姿なき挑戦者」風来坊登場!あらすじと感想

【関連記事】帰ってきたウルトラマン 第1話あらすじ感想!怪獣総進撃

【関連記事】ウルトラマンレオ 第1話セブンが死ぬ時!東京は沈没する! あらすじ感想

【関連記事】ウルトラマンティガ 第49話「ウルトラの星」あらすじと感想

【関連記事】ウルトラマンティガ 第37話「花」あらすじ感想!実相寺監督

【関連記事】ウルトラマンティガ 第40話「夢」 あらすじと感想!実相寺監督

【関連記事】ウルトラマンダイナ 第38話「怪獣戯曲」 あらすじ感想!実相寺監督

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です