ウルトラQ 第25話あらすじ感想!悪魔ッ子 リリー!

ウルトラQ 第25話より

 

催眠術のかけ過ぎ!?

小さな女の子の精神と肉体が分離!?

精神が肉体を殺そうとする!?

「ウルトラQ」全話の中でも屈指の怖さ

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は空想特撮シリーズ「ウルトラQ」から、

第25話「悪魔ッ子」のあらすじと感想です。

 

 

ウルトラQ 第25話「悪魔ッ子」
〈あらすじと感想〉

ウルトラQ 第25話「悪魔ッ子」は、

1966年6月19日に放送されました。

脚本が北沢杏子氏(原案:熊谷健氏)、

特技監督が川上景司氏、監督が梶田興治氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

深夜の道路にて……、

なにかを見た運転手がガードレールに突っ込み、そのまま転落!

 

東洋大魔術団の公演……。

ステージでは女の子が催眠術にかけられている。

その女の子の霊体(?)が、宙を歩く。

観客席からは大拍手!

 

1万人に一人の、特殊な人体電気を持つ人間。

催眠術にかかりやすい体質。

それが、この女の子リリー

欲しいもののために、人を殺してしまうリリーの霊体(精神)?

眠るのにも催眠術が必要。

 

ある夜、笑い声とともにリリーの肉体から精神が分離する!?

線路を手をつないで歩くリリーの肉体と精神。

精神が肉体を殺そうとしている!?

 

列車が来るぎりぎりのタイミング、

一の谷博士による超音波ジアテルミーで、なんとか肉体と精神が合体

リリーは助かった。

 

劇団のお別れ公演。

リリーが笑顔でお客にあいさつして、

物語は幕を閉じた。

 

石坂浩二氏のナレーション

  • オープニング

みなさん、これは映画の撮影のために作られた事故ではありません。

われわれの日常生活の中で、今起こりつつあるバランスの崩れたある瞬間なのです。

これから30分、あなたの目はあなたの体を離れて、この不思議な時間の中へ入っていくのです

 

  • エンディング

いったい、こどもが犯罪を犯すものでしょうか。

それも天使のように純真なこどもが。

しかし、こどもがその環境によって脳組織のバランスを破壊された時、

完全な犯罪者となりうるのです。

では、また来週まで

 

エンディングのナレーションは、

初回放送版再放送版2バージョンあるみたいです。

わたしは、この再放送版が強く印象に残っています。

 

完全な犯罪者となりうるのです……

精神と肉体が分離して、

その肉体を殺そうとする。

 

仲良く並んで、線路を歩く。

こどもが見るには怖すぎますた。

 

列車が警笛鳴らしてますよ、おい。

死んでしまう!

 

石坂浩二氏のナレーションも、ひじょうに怖い。

 

本エピソード自体が相当に怖い方なのに、

最後のナレーションがまた追い打ちをかけてきました。

 

「完全な犯罪者となりうるのです」のところで、

体中の毛穴がブワッと開いて、

背筋がゾゾーッとしたことが思い出されます。

 

小学3年か4年ごろのオレ、

夏休みの再放送で見たのだった。

あぁ、ほんとに怖かった。

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

とにかく怖かった「悪魔ッ子」……。

 

あなたはどうお感じになりましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です