仮面ライダー 第1話あらすじ感想!ショッカー!怪奇蜘蛛男

石ノ森章太郎氏原作の仮面ライダー!

1971年にテレビ放送がスタート!

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は東映が1971年に製作した最初の「仮面ライダー」から、

第1話「怪奇蜘蛛男」のあらすじと感想です。

仮面ライダー 第1話 怪奇蜘蛛男
〈あらすじと感想〉

放送されたのは、1971年4月3日です。

ちなみに、わたしは小学三年生になるところでした。

脚本は伊上勝氏、監督は竹本弘一氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

悪の秘密結社ショッカー

世界制覇のために、人間を改造して支配下におく。

緑川博士を脅迫して、無理やり協力させていた。

博士は、改造人間の素体として、

教え子の本郷猛を推薦してしまった。

 

蜘蛛男に捕獲され、仮面ライダーに改造された本郷。

高圧電流にも耐えられる。

あとは、脳改造が済めば手術は完了。

そして、ショッカーの手先に……!?

 

その寸前に、緑川博士に助けられて基地を脱出する。

博士の娘であるルリ子をマークした蜘蛛男によって、

緑川博士は命を落とした。

ルリ子は、父を殺したのは本郷だと誤解する……。

 

蜘蛛男はルリ子をさらい、

本郷をダムにおびき寄せた。

ライダーに変身した本郷。

圧倒的な力で、ショッカー戦闘員を叩き伏せる。

ライダーキックにより倒れた蜘蛛男は、

となって消えていった。

 

仮面ライダー
<そのドラマ>

2号ライダー編以降と違って、

ショッカー自体も悪の秘密結社・犯罪組織といった色合いが強い。

世界制覇のために、改造人間の力を利用する。

 

オープニングのナレーションも世界征服ではなく世界制覇だった。

主人公本郷猛もブレザー姿で闘うので、

なんだか雰囲気がアダルト。

 

菊池俊輔氏の音楽が、

当時のキイハンター(1968年 – 1973年)や、

江戸川乱歩シリーズ・明智小五郎(1970年)と重なる。

恐怖感を強調した作りになっていた。

 

仮面ライダーのネーミングセンス!

ライダーが乗るバイクの名はサイクロン

ちなみに続編V3のバイクはハリケーン!

ベルトの風車はタイフーン

大自然を象徴する台風を意識したネーミングになっている。

素晴らしいセンスです。

悪の科学力に対する大自然の力を象徴していると思われる。

 

主人公・本郷猛

城北(もしくは城南)大学の学生で、

知能指数600!ってちょっとすごすぎる!

ルパン三世でも300だってぇのに……。

 

で、スポーツ万能でレーサーとしても超一流。

改造人間になって、

普通の人間ではなくなってしまったことに苦悩する。

こんなところが、初期の本郷猛の特徴です。

 

もちろん演じたのは、ご存知藤岡弘、(当時は藤岡弘)氏です。

 

仮面ライダースーツ

有名な話ではありますが、

本郷役の藤岡弘、自らが、

ライダーのマスクを被って演じているシーンも多々あります。

藤岡氏が入ったライダーが、

またかっこいい!

 

当時の藤岡さんのプロポーションは、

頭が小さく手足が長いので、

ライダースーツが映えてます。

 

ライダーの造形自体も、

最初のライダーを超えるものはないという意見が多いです。

 

わたしもそう思います。

 

というところで、いかがだったでしょうか?

 

最近の仮面ライダーはあまり見る気がしないけど、

最初のライダーは今でも大好きなのでした!

 

あなたは、どう思いますか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です