ウルトラQ 第24話あらすじ感想!貝獣!ゴーガの像

盗まれた「ゴーガの像」にヒビが入る……。

伝説の貝獣ゴーガが、

驕れるものたちを滅ぼすのか!?

 

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は円谷プロ制作の空想特撮シリーズ「ウルトラQ」から、

第24話「ゴーガの像」のあらすじと感想です。

ウルトラQ 第24話「ゴーガの像」
<あらすじと感想>

ウルトラQ 第24話「ゴーガの像」は、

1966年6月12日に放送されました。

脚本は上原正三氏、特技監督は的場徹氏、

監督は野長瀬三摩地氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

空港から降りる謎の女。

かたわらで、女の子が大事に抱いている像。

その女の子ごと像は組織の手に落ちた。

 

組織のボスは岩倉

世界の美術品を集めている。

謎の女は輸送係のアリーンを名乗る……。

 

……万丈目たちは、

少女誘拐事件を調べる。

写真を確認すると、

女の子が抱いていた像は「ゴーガの像」!

アーブ美術館で盗まれたものだった。

 

……そうこうしているあいだに、

ゴーガの像が割れる。

中に潜んでいた伝説の貝獣ゴーガが姿を現すのだった。

 

アリーンは、

組織内部を探っている様子。

しかし、通信しているところをみつかり、

その正体があきらかに!

 

本名リャンミン、アーブ大学教授、考古学博士。

 

……密輸組織のアジトにやってきた万丈目たち。

組織は、万丈目たちをも殺そうと……。

逃げ出したリャンミンと女の子と合流するが、

アジトの一室に追い詰められてしまう……。

 

貝獣ゴーガ!

サザエとカタツムリの合いの子みたいなゴーガ……。

 

その貝殻の先端はドリル状に回転!

アスファルトを掘り、地中を突き進む!?

そして、目からは怪光線を発射するのだった。

 

とりあえず岩倉密輸団は壊滅しますた!

リャンミンを執拗に撃とうとしていた岩倉の部下は、

ゴーガの巨体に押しつぶされてしまいました。

 

ゴーガを眠れる谷より起こすな。

驕れる者たちへ6000年の呪いをこめる……

ゴーガの像には、そう刻まれていた……。

 

欲にまみれた密輸団の毒気(?)で、

ゴーガはみるみる巨大化

 

ボスの岩倉は、

倒れてきた密輸品の重量で圧死

 

ゴーガの目から発射される怪光線で、

東京の街は破壊される!

 

アーブの古い経典を思い出すリャンミン。

アランカは罪とともに没し、

ゴーガは火の海とともに滅びる

 

火炎攻撃により、ゴーガは撃退された。

 

……事件は終わり、リャンミンはこう話した。

街に悪がはびこり、

人々が心をなくしたとき、

ゴーガは蘇ると云われています……

 

印象的なゲスト!古谷敏氏、田原久子氏

ウルトラマンのスーツアクター、

もしくはウルトラセブンのアマギ隊員としておなじみの古谷敏氏。

 

今回は、密輸組織の一員として登場。

ゴーガの像を覗き込んだ際に、怪光線を浴びて絶命。

あっさりと退場しました。

 

このあと、像が割れてゴーガが姿を現します。

 

岩倉にゴーガの像を届けた謎の女・アリーン……、

その正体はアーブ大学教授のリャンミン。

 

ヒールから通信機を取り出したり、

指輪に潜ませた薬品で攻撃したり、

かっちょよかったですね。

 

演じたのは、田原久子氏です。

ウルトラマンの第28話「人間標本5・6」にも出演されています。

後に荒砂ゆきと改名されたようです。

 

いかがだったでしょうか?

 

しかし、民間人のはずの万丈目が攻撃車両を運転して、

一平バズーカ砲の補助

リャンミンも同乗して、ゴーガの攻撃に向かうって……。

ドラマの世界とは云え、これでいいのか!?

 

あなたはどう思いましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です