ルパン三世PART3 第44話「ボクたちのパパは泥棒」あらすじと感想

ルパン三世PART3 第44話より引用

 

ルパン、次元、五エ門のこども?

次々とこどもたちが名乗り出る!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世PART3より、

第44話「ボクたちのパパは泥棒」のあらすじと感想です。

 

 

ルパン三世PART3 第44話「ボクたちのパパは泥棒」
<あらすじと感想>

ルパン三世PART3 第44話「ボクたちのパパは泥棒」は、

1985年7月6日に放送された。

脚本は柏原寛司氏、演出は飯島正勝氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

夜の街裏……。

おねえちゃんたちに声をかけられつつも、

工事現場へ向かうルパン一味!?

 

ホテル・アストリア

全米の宝石商が集まる展示会が始まる!?

2000万ドルは下らないであろう宝石群

 

不二子は宝石商のマッケイに近づく。

 

突然、「パパ……」と声をかけられるルパン

ルパンのこどもを名乗るマーク少年……。

さらに少女と赤ん坊も現れる。

 

4才、3才、生まれたばかり。

合わせて三人のルパンの隠し子か!?

 

さらに次元、五エ門にも、こどもたちが次々に名乗りをあげる!?

 

不二子に子守りの応援を要請するも断られるルパン。

てんやわんやのルパン一味だが、

なんだか楽しそうでもある。

ルパン三世PART3 第44話より引用

なんやかんやで、単独で宝石展示会に潜入した不二子。

地下からツルハシと爆薬で宝石を狙う子連れのルパン、次元、五エ門

ニセモノを盗んだ不二子が逮捕される。

ルパン三世PART3 第44話より引用

宝石商のマッケイの狙いは宝石にかけた保険だった!

 

アクターズスタジオのこどもたちを使って、

ルパンたちの邪魔をしていた。

こどもたちは芝居の稽古のつもりで、

ルパンたちに近づいていたのだった。

 

かくして、宝石と保険の両方を手に入れたかに見えたマッケイ。

ルパンたちを甘く見ていた!?

 

こどもたちとの別れ

アクターズスタジオから手をふるこどもたち……。

 

こどもたち「おじちゃ〜ん!」

ルパン「はーい、パパはガンバルマンよぉ……」

次元「いいパパになりそうだな……」

 

案外こどもたちとの過ごしたときが楽しかったルパン。

ちょっとさびしそうでもありました……。

 

普通の家庭に憧れていた銭形警部!?

大勢のこどもたちに囲まれ、にぎやかなルパン一味!

 

それを見た銭形。

こどもたちのために真っ当に生きろとか

オレも妻やこどもが欲しいとか……。

うらやましくなったか。

 

ずっとルパンたちを追いかけてきて、

家庭をもつ暇がなかったとか、

いろいろ言ってました。

 

ということで、いかがでしょう?

 

子煩悩なルパンに良き家庭人を見た次元でした。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です