ルパン三世2nd 第99話あらすじ感想!荒野に散ったコンバット・マグナム

ルパン三世2ndシリーズ 第99話より引用

 

次元主役回です!

因縁の相手と対決!

 

ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第99話「荒野に散ったコンバット・マグナム」のあらすじと感想です。

 

ルパン三世2ndシリーズ 第99話「荒野に散ったコンバット・マグナム」
<あらすじと感想>

ルパン三世2ndシリーズ 第99話「荒野に散ったコンバット・マグナム」は、

1979年9月3日に放送された。

脚本は大和屋竺(やまとやあつし)氏、演出は吉田しげつぐ氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

銭形に追われるルパン。

車で逃走中!

ハンドルを後ろ側に取り付け、逆走

さらに車の色を変えて逃げ切った。

 

下水道を行くルパンと次元。

なぜか突然ワニが出現!?

サングラスのハゲが出てきて、ワニを撃ち殺す!

 

5年前、次元に決闘の約束をすっぽかされたストーンマンだった。

ブランコ公園レオンヒルで決闘のやり直しを迫る。

ルパンもハンニバルの金貨を奪うため、ブランコ公園へ。

 

ルパン三世2ndシリーズ 第99話より引用

 

決闘に備え、入念に銃をメンテナンスする次元……。

 

銭形やブランコ公国軍による妨害を逃れて、

入国するルパン一家。

ブランコ総統から金貨を奪った!

ハンニバルの軍資金をも手に入れる。

 

次元は途中で車を降り、決闘に向かった。

決闘が始まる!

 

なぜかルパンは次元のコンバットマグナムを

荒野にバラバラにばらまいた!?

次元は銃を組み立てながらストーンマンと戦う。

けっこう必死でした。

 

荒野に散ったコンバット・マグナム!?

「荒野に散ったコンバット・マグナム」というエピソード。

 

多分このタイトルは比喩であって、

タイトルから連想されるのは次元の敗北……???

と思ったら違った!?

タイトル通りでした。

 

しかし、道案内のためとは言え、

マグナムをばらして荒野にばらまく意味とは……?

いまいち意味がわからんかった。

 

ストーンマンと五エ門

ストーンマンに軽く扱われた五エ門……。

憤りをかくせませんでした。

介添を申し出ても断られるし……。

 

ストーンマンを「斬る!」と言い出しました。

次元の身を案じたのか、

かなり熱くなっていました。

 

ラストの車

ルパン三世2ndシリーズ 第99話より引用

門が閉まって、車が潰れる。

金貨は後ろ側。

お宝を残したルパン一行のとほほ感……

うーん。

まあ、見た目は楽しいけど……。

 

映画用音楽が流用?

映画第一作「ルパンvs複製人間」用の音楽が、

珍しく流用されていた。

 

水を求めて砂漠を歩くルパン、五エ門、次元。

マモーに最後の勝負を挑むルパン、

この辺が頭に浮かんできました。

 

ということで、いかがでしょう?

 

見方によっては、おもしろいのかもしれないけど、

オレとしてはちょっと「はてな?」でした……。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

【関連記事】ルパン三世2nd 第148話「ターゲットは555M」あらすじと感想

【関連記事】ルパン三世2nd 第152話あらすじ感想!次元と帽子と拳銃と

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です