本・コミック・読書

柳沢きみお作のディーノ、100%、ソーイング、あらすじと感想

AmazonのKindle Unlimited……で、

柳沢きみお作の長編コミック

「DINO(ディーノ)」「100%」「SEWING(ソーイング)」

を数日の間に一気読みしますた。

 

……ということで、こんちには!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

「DINO(ディーノ)」「100%」「SEWING(ソーイング)」、

3作品のあらすじと感想です。

 

「DINO(ディーノ)」は復讐物語!<あらすじと感想>

DINO(ディーノ)は復讐ものの作品。

 

丸菱デパートの社長・菱井丈一郎は、

重役会議で部下たちの反乱から失脚。

追放される。

心労から、酒に溺れ死去。

 

残された一人息子ディーノの物語。

名車ディーノから取って、名付けられた。

 

かつて父を追放した重役たちに復讐するため、

東大を卒業して丸菱デパートに入社するディーノ。

 

復讐のため数々の女を利用し、

ヤクザとも付き合い犯罪も犯す。

 

幼馴染も泣かす。

人を裏切る。

 

12巻までの長編のため、登場人物多数!

 

途中で投げっぱなしにされた設定・キャラも多し。

最後も、唐突に終わってしまう。

 

読んでるときはそれなりに面白いが、読み終わるとあれれ……?

 

「100%」は、途中で路線が→↑←↓???<あらすじと感想>

タイトルは「100%」。

 

テレビ局に入社した同期の3人。

そのうちの一人・畑和世の物語。

 

最初の頃は、アナウンサーとしての成長物語……のはずだった。

 

お話が進むとほとんど仕事はしなくなり

出勤しても主人公がいつ誰とくっつくとか……、そればっかり!

 

挙句の果てに、主人公は淫乱に!

さらにストリッパーに

 

満を持して出てきたはずの重要なはずのキャラが、

なぜかフェードアウト……。

 

そのまま退場する人、また再登場する人さまざま……。

 

最後は尼になるものの、意外な同僚と結婚してハッピーエンド……。

ってなんのこっちゃ。

わけわからん。

 

中盤辺りから、ちょっと読むのが辛くなり、最後はうーん……。

 

「SEWING(ソーイング)」は青春群像劇!<あらすじと感想>

ファッションデザイナーを目指す主人公・八津賢三

不良っぽい親友・須藤

地味な女の子からファッションモデルに変身する神埼

 

高校時代からそれぞれ一人前になるまでの青春ストーリー、

「SEWING(ソーイング」

 

これも11巻まである長編なので、登場人物多数。

 

そして、人間関係性格もコロコロ変わる。

もどかしい面も多々あるが、みんな悩んで成長していく。

 

今読むと、舞台の原宿が時代を感じさせる。

 

柳沢きみお氏の長編?

たくさんの作品がある柳沢きみお氏。

 

けっこう、自分自身で内容を忘れちゃったり、

予定通り物語が進まなかった作品も多いのでは……。

 

やりたい放題やっちゃって、

収拾が着かなくなったとかかしら?

 

お話が長いし、ほかの作品とごっちゃになったり……。

柳沢氏の作品ってすごく期待させて、

最後はアレアレってのが、けっこう多いかも。

 

序盤、中盤、終盤のギャップがものすごいです。

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

わたしはAmazonのKindle Unlimited(月定額制)で、

数日の間に一気読みしてみました。

相当に読み応えがありました。

 

よろしかったら、お試しあれ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また〜。

【関連記事】リキ〜流れ星銀〜銀牙伝説WEED〜オリオン あらすじと感想

 

柳沢きみお作

「100%」 1〜14巻 ゴマブックス株式会社

「DINO(ディーノ)」 1〜12巻 ゴマブックス株式会社

「SEWING(ソーイング)」 1〜11巻 ゴマブックス株式会社

 

 

-本・コミック・読書

© 2020 ゆるゆる投資ログPlus