本・コミック・読書

ズキッと痛い!史群アル仙(しむれあるせん)の「臆病の穴」の感想!

史群アル仙(しむれあるせん)氏の短編集です。

なんか心に響きます。

 

……ということで、こんちには!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

……Amazon Kindleで、

史群アル仙(しむれあるせん)著「臆病の穴」を読んでみました。

 

史群アル仙(しむれあるせん)著「臆病の穴」Amazonの紹介文

臆病の穴(1)
「愛」が無ければ「人」は…×××。ノスタルジックな絵柄で、人間の心の深層を抉る「愛」の短編を14本収録。

臆病の穴(2)
「愛」に飢えた臆病な人々の短編15本に、「週刊少年チャンピオン」に掲載された出張版を特別収録。病、闇、葛藤…。ぐらぐらさせる「愛」の物語、完結。

 

史群アル仙(しむれあるせん)著「臆病の穴」感想!

史群アル仙著「臆病の穴」を読んでみました。

感受性が鋭すぎる作者による短編集です。

 

ハッピーエンド、バッドエンド、いろいろありますが、

なんか心がズキッと痛いような……。

万人に向いている作品ではないかも……。

 

でも、オレは好きかなぁ。

心優しい人がいっぱい出てきます。

ときには残酷な世の中も。

がんばっても報われず……。

 

「えっ!」というオチが多いです。

絵柄は懐かしく温かいですが、

心がえぐられるように感じるかも……。

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

ほのぼのほんわか、ブラックユーモア、教訓……。

バラエティーに富んでます。

 

あなたは、どう思いましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また〜。

 

臆病の穴(1)
2015年8月15日 初版発行
著者 史群アル仙
発行者 秋田貞美
発行所 株式会社秋田書店
印刷所 三省堂印刷株式会社

臆病の穴(2)
2016年5月15日 初版発行
著者 史群アル仙
発行者 秋田貞美
発行所 株式会社秋田書店
印刷所 三省堂印刷株式会社

 

 

-本・コミック・読書

© 2020 ゆるゆる投資ログPlus