リキ〜流れ星銀〜銀牙伝説WEED〜オリオン あらすじと感想

日本語を話す犬!?

集団で巨大グマを倒す!

大河ドラマか?もしくは三国志か!?

リキ〜銀〜ウィード〜オリオンと続く銀牙伝説

 

……ということで、こんちには!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は、長編大河ロマン「銀牙伝説WEED」シリーズのあらすじと感想です。

 

 

リキ〜流れ星銀〜銀牙伝説WEED〜オリオン
<あらすじと感想>

 

銀牙 -流れ星 銀-

「銀牙 -流れ星 銀-」は、1983年から「週刊少年ジャンプ」で連載された。

 

高橋よしひろ氏作のマンガで、

主人公は秋田犬と紀州犬の血を引く銀

 

初代奥羽の総大将「リキ」から受け継がれる熊犬の血。

リキの息子「銀」の成長ストーリー

テレビアニメにもなりました。

 

犬のドラマなので、犬がしゃべる!

そして人生を語る!?

全国から漢(おとこ)を集め、

赤カブトと呼ばれる巨大グマを倒す。

 

ずいぶん昔に読んだので、うろおぼえ……。

序盤の頃は、銀の飼い主・大輔少年も存在感がありました。

 

銀牙伝説WEED〜銀牙伝説WEEDオリオン

「銀牙-流れ星 銀-」の続編です。

 

掲載誌は「週刊漫画ゴラク」

 

大人向けの漫画雑誌になったので、

残酷描写もちょっとキツめになってます。

 

銀の息子・WEED、さらにその息子オリオンの物語。

かつての懐かしい戦士たちも、

それなりにお年を召して大勢出てきます。

 

実験生物や猿ハイブリッド熊などと戦う!?

生き別れた兄弟とのエピソードなども。

 

オリオン編になると、戦国武将や朝廷まで出てきます。

 

登場人物の性格が多彩で、裏切ったり改心したりも。

かつての勇者があっさり殺されたり……。

 

血筋より恩義に報いるとか、

時代劇三国志か、はたまたヤクザ映画か?

 

登場人物(犬だけど)が多種多様。

それぞれの事情を抱えた群像ドラマになっていて、

読み始めると止まらなくなります

要所要所では人間も出てきます。

 

難点は、登場人物が多くてさらに超長編

キャラも多彩すぎるので、時々混乱してしまいます(わたしだけかな)。

 

その他

以上の3作の他にも、

最新作の「銀牙〜THE LAST WARS〜」があります。

 

短編でも何作かあるみたい。

いつか、機会があれば読んでみたいと思ってます。

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

とりあえず、AmazonのKindle Unlimited(月定額制)で、

WEEDとオリオンとリキは読めます。
(2018年10月18日現在)

 

わたし、ここ数日はずっとこればかり読んでいます。

止まらなくなってしまって、ほかのことができなくなってしまいますた。

相当読み応えがあります。

よかったら、試しにどうぞ。

 

あなたはどう思いましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また〜。

 

【関連記事】柳沢きみお作のディーノ、100%、ソーイング、あらすじと感想

 

◆主な銀牙シリーズ

作者:高橋よしひろ氏

銀牙−流れ星 銀− 1〜18巻 集英社

銀牙伝説ウィード 1〜60巻 日本文芸社

銀牙伝説WEEDオリオン 1〜30巻 日本文芸社

銀牙〜THE LAST WARS〜 1〜14巻(2018年11月現在) 日本文芸社

銀牙伝説リキ 日本文芸社

……など

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です