押見修造のマンガ・惡の華がおもしろい!おすすめです!クソムシが!

「クソムシが」って吹き出しの表紙、非常に印象的でした。

予想を裏切る展開もいい感じです。

……ということで、こんちには!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

AmazonのKindle Unlimited……で、

押見修造氏作のマンガ「惡の華」全11巻を読んでみました。

そのあらすじと感想です。

押見修造作「惡の華」Amazonの紹介文

第1巻の内容紹介: ボードレールを愛する、文学少年・春日高男(かすが・たかお)。ある日、彼は、放課後の教室に落ちていた大好きな佐伯奈々子(さえき・ななこ)の体操着を、思わず盗ってしまう。それを、嫌われ者の少女・仲村佐和(なかむら・さわ)に見られていたことが発覚!!バラされたくない春日に、彼女が求めた“契約”とは……!?話題沸騰!!奇才・押見修造が描く背徳的純愛ストーリー!

「惡の華」1〜11巻 あらすじと感想

「試し読み」で読んでみたら、

止まらなくなって全巻一気に読んでしまいました。

 

以下、あらすじと感想です。

 

春日、仲村、佐伯、常磐、主要登場人物は大なり小なり、

それぞれ心に闇を抱えていた。

 

セリフがそんなに多くなく、絵で表現されているので、

あっという間に読み終えてしまった。

 

ボードレールの本をこよなく愛する主人公春日

当初は、平凡な男子中学生に見えたが……。

彼があこがれるのは、クラスのマドンナ・佐伯

ある日、出来心から彼女の体操服を盗んでしまった春日。

クラスの鼻つまみ者・仲村に見られていたことも知らずに……。

 

仲村は、春日を自分と同じ側の人間だと期待する。

世界に絶望している仲村。

教師や親のこともクソムシ呼ばわり。

なにかをしたい。山の向こう側に行きたい!

 

春日は、当初は佐伯に惹かれているものの、

じょじょに仲村に気持ちが移っていく。

佐伯は自分がいなくても幸せになれる人、

しかし仲村は……。

夏祭りの日、舞台上で灯油をかぶり一緒に死のうとした仲村に、

なぜつきとばされたのか?

その理由を長くひきずる。

 

佐伯もただかわいいだけの女の子ではなかった。

春日と仲村によって、皮がはがされていく。

春日との交際を喜んでいたが、

ふたりの奇行に動揺。

親や教師を喜ばせていただけの自分に気づいていくのだった。

春日と仲村の被害者と云えなくもないので、

ちょっとかわいそうな感じでした。

 

春日が高校生になってから登場の常磐

美形で友達も多い女子高生

彼氏もいる。

しかし、自分の好きなことをわかってもらえない。

わかってくれないとあきらめていた。

……わかってくれる人はいた。

 

ある事件を起こして、

生まれ育った街にいられなくなり、別々に……。

 

 

やがて、再会……。

 

そして、また繰り返す

 

おもしろかったです。

ということで、いかがだったでしょうか?

春日が愛読していたボードレールの「悪の華」

キーアイテムみたいだけど……。

なんか難しそうで……。

あなたは、どう思いましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また〜。

惡の華 全11巻
著者 押見修造
発行者 清水保雅
発行所 株式会社講談社

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です