本・コミック・読書

お金のお勉強!お金持ちになれる?「漫画バビロン大富豪の教え」感想

バビロニア王国って、現在のイラクあたりで栄えたらしいです。

で、そこの首都がバビロン

ということで、今更ながらお金のお勉強

これを読めばお金持ちになれるのか?(笑)

文響社から出ている「漫画バビロン大富豪の教え」を読んでみた。

本の存在については、お金について語っているYouTube動画かなんかで知りました。

漫画版でも400ページ超!ボリュームたっぷりでした。

 

漫画バビロン大富豪の教え/文響社

あのオリエンタルラジオ・中田敦彦氏も推薦するという「漫画バビロン大富豪の教え」。

原作/ジョージ・S・クレイソン

漫画/坂野旭

企画・脚本/大橋弘祐

原作は100年近く、世界中で読まれているとのこと。

恥ずかしながら、全然、知りませんでしたが(笑)。

 

武器職人の息子・バンシルの成長物語

舞台は古代バビロニア王国の首都バビロン。

武器職人の息子・バンシル賢者・アルカドの指導のもと、その後継者になるまでの波乱万丈の物語です。

 

「お金持ちになりたければお金持ちが実践していることを聞き、自分も実践する」ということで、

黄金に愛される七つ道具」と「五つの黄金法則」を学んでいくバンシル。

はじめの扉は、「収入の十分の一を貯金せよ」でした。

物やサービスがあふれる現在、そのカンタンなことがむずかしいとのことですが…。

 

無人島で、その日の魚を与えても意味はなく、食べ尽くせば餓死してしまう。

魚の取り方を教えること。

読み進めるうちに、バンシルと一緒に「黄金に愛される七つ道具」と「五つの黄金法則」を学べるようになっています。

 

おわりに

分厚い本ですが漫画なので、解説込みでも2、3時間もあれば読めると思います。

バンシルの冒険・成長物語になっているので、楽しくお金について学べます。

 

大事だと思うところを再読して、実践していけば、あなたもわたしもお金持ちになれる…、かも?

なれるといいですね(笑)。

ちなみに、投資対象を現代に置き換えると、「世界インデックス」とのことです。

それではまた。

 

▼Amazonで見る

 

▼楽天で見る

-本・コミック・読書

© 2021 ゆるゆる投資ログPlus