ウルトラシリーズ

ウルトラセブン 第47話「あなたはだぁれ?」団地に住むフック星人!

ほろ酔い気分で、わが家に帰宅。

家族からは「どちらさま?」「どこのおじさん?」、

あまりにものお言葉!?

遅くに帰ったから、怒ってるの?

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

今回は、円谷プロ制作の空想特撮シリーズ「ウルトラセブン」から、

第47話「あなたはだぁれ?」のあらすじと感想です。

ウルトラセブン 第47話「あなたはだぁれ?」
〈あらすじと感想〉

ウルトラセブン 第47話「あなたはだぁれ?」は、

1968年8月25日に放送されました。

脚本は上原正三氏、特殊技術は的場徹氏、監督は安藤達己氏です。

以下、あらすじと感想です。

小林昭二演ずるサトウ氏に、奥さんが「どちらさま?」

深夜の団地にタクシーが停まる。

いい感じで出来上がっている小林昭二氏演ずるサトウさん。

深夜2時……。

交番にも声をかけるほろ酔いサトウさん。

でもなんだかツレナイ感じのおまわりさん。

帰宅したサトウさんに対して、

「どちらさま?」と奥さん

息子までもが、「どこのおじさん?」だと。

へそを曲げたサトウ氏。

すねてみるが、てんで相手にされず。

……一気に酔いが醒めていくのだった。

向かいの人や、おまわりさんまで、だれも相手にしてくれない。

勝手知ったるはずの管理人さんまで……。

挙句の果てに、おまわりさんに説得されてしまう。

ひとり苦悩するサトウ氏であった。

自分がおかしいのか???

K地区のフクロウ団地

……K地区のパトロールを終えるホーク1号、特に異常なし。

同じK地区にあるフクロウ団地

サトウ氏は、気を取り直して、ウルトラ警備隊に連絡する。

電話に出たフルハシ隊員は取り合わない。

かつては科学特捜隊の、ムラマツキャップとアラシ隊員……。

隊長と隊員の関係だったのに、つれないなぁ……って。

そうこうしているうちに、サトウ氏は宇宙人に取り囲まれる。

ダンとフルハシが、団地に調査に向かった。

電話の声を聞かせる。

サトウ氏の奥さん「パパの声だわ……」

向かいの人「良い声ねぇ(すてき)」

ジョン・ウェインの吹き替えやナレーターなど、

声優としても活動していた小林昭二氏ならでは?

主人の蒸発を心配する奥さんであった……。

入れ替わった団地?

ダンとフルハシは、フクロウ団地に張り込んだ。

夜の団地を探る。

なぜか、ふたりともツナギ姿

ダンは見た!

人間の目には見えないが、団地が移動しているのを!

なにものかが、次々にふたりに襲いかかってくる!?

なんとかやりすごし、団地に乗り込んだ。

外見は、昼と変わらないが……。

ダンが室内を透視する。

15000人が住むマンモス団地が、

宇宙人とそっくり入れ替わってしまっていた!

昭和40年台は、マンモス団地がいっぱい作られたのでした。

フック星人登場!

……マンホールのフタを開けて、地下に潜入するふたり。

そして、地球人本来の団地を発見する。

ホログラフィを周辺に張り巡らし、催眠状態にした住民の目をごまかしていたのだ。

カプセルに閉じ込められていたサトウ氏を発見し、救出。

そこで、団地住人になりすましていたフック星人登場。

フック星人は夜しか活動しない!

攻撃態勢の指示!

サトウとフルハシが意識を失っているすきに、

ダンがウルトラセブンに変身!

セブンはフック星人の集団と闘う。

ウルトラ警備隊は、ホーク1号と3号で宇宙船群を迎撃!

セブンも、ワイドショットの変形技でフック星人を撃退した。

……フクロウ団地は、元通りの平和な姿を取り戻した。

サトウ氏もようやく自分の家へ帰れる。

しかし、あわて者のサトウ氏、おとなりのサトウさん宅へ!?

まいったなぁ……、ウルトラ警備隊に笑われるサトウ氏であった……。

ということで、いかがだったでしょうか?

いかにもなお話でしたが、

団地ごと入れ替えて地球人になりすますアイディアはおもしろいと思いました。

あなたは、どう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

 

-ウルトラシリーズ
-

© 2020 ゆるゆる投資ログPlus