ルパン三世2nd 第65話「ルパンの敵はルパン」ミスターX!あらすじ感想

ルパン三世2ndシリーズ 第65話から引用

 

こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第65話 「ルパンの敵はルパン」のあらすじと感想です。

スコーピオンのコミッショナー・ミスターXが再々登場します。

 

 

ルパン三世2ndシリーズ 第65話「ルパンの敵はルパン」
<あらすじと感想>

ルパン三世2ndシリーズ 第65話「ルパンの敵はルパン」は、

1979年1月8日に放送された。

脚本は山崎忠昭氏、演出は三家本泰美氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

ココザット王国の王女ヤスミンは誕生日に誘拐された。

なぜか王国は、ヤスミン救出をルパンに依頼した。

報酬は、神に供える最高の食べ物であるカレーライス!?

 

不二子は降りたが、

ルパン、次元、五エ門は引き受ける。

誘拐犯の見当がついているというルパン。

 

数々の仕掛けを乗り越えて、

犯人のもとへたどり着いたルパン。

 

待っていたのは、

スコーピオンのコミッショナー・ミスターX!?

ルパンへの復讐の機会を探っていたのだ。

 

ミスターXは、

ルパンに瓜二つの姿で勝負!

ニセモノを見破った次元

マグナムで決着。

 

それでもルパン?

誘拐された王女ヤスミン。

巨大なタコの足に服を破られ、

肌があらわに!

ルパンはその怒りを機械にぶつける……。

 

このシーンにちょっとした違和感

本来のルパンの性格だったら

「ちくしょう、あの野郎……。うらやましぃ〜。」

ぐらい言いそうなんだけど……。

 

ミサイルが鏡を攻撃!?

ミスターXのアジト周辺。

ルパンたちはミサイル攻撃を受ける。

 

巨大な鏡を用意する。

ミサイルは、鏡に映った動く標的を攻撃!?

これは、いくらなんでもありえないのでは!?

 

ミスターXのアジト!

途中まで見ていてちょっと退屈だったが、

ミスターXのアジトに入ってから面白くなった。

 

なぜか五エ門の足が扉にはさまったり、

次元の手が無くなったり、

巨大なドラム缶のようなものに轢かれたり、

まで出てくるし……。

 

落とし穴に落ちたと思ったら、

応接室セットへって(笑)。

不思議空間でした。

 

スコーピオン?スコルピオン?

【関連作品】

1stシリーズ第1話「ルパンは燃えているか……?!」

2ndシリーズ第1話「ルパン三世颯爽登場」

 

3度めの登場!

犯罪シンジケート・スコーピオンのコミッショナー・ミスターX

 

これまでは「スコーピオン」と発音していたのが、

今回なぜか「スコルピオン」に変わりました。

細かいことですが、

あれっ?と思いました。

 

もはや組織でもないし、

コミッショナーでもない……。

 

あっさりやられちゃうし、

わざわざ再々登場させる必然性があったのかなかったのか……?

 

ミスターX=滝口順平氏

ミスターXを演じているのは滝口順平氏です。

 

「ヤッターマン」のドクロベーとかで有名です。

おしおきだべ~の人でした。

 

ということで、いかがでしょう?

 

未見の方は、ぜひご覧になってみてください。

かつてのルパンとは大分趣きも変わりましたが、

まあこういうのもありなのかな……。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[送料無料] ルパン三世 second-TV. BD-11 [Blu-ray]
価格:4495円(税込、送料無料) (2019/4/18時点)

楽天で購入

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です