ルパン三世2nd 第100話「名画強奪ウルトラ作戦」あらすじ感想!

ルパン三世2ndシリーズ 第100話より引用

 

かつてルパン一世が絵を盗む代わりに置いてきた落書き!?

その絵がオークションにかけられた!

落札者のナイババからおじいさんの絵を取り戻せるのか!?

 

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第100話「名画強奪ウルトラ作戦」のあらすじと感想です。

 

 

ルパン三世2ndシリーズ 第100話「名画強奪ウルトラ作戦」
<あらすじと感想>

ルパン三世2ndシリーズ 第100話「名画強奪ウルトラ作戦」は、

1979年9月10日に放送された。

脚本は浦沢義雄氏(原案:杢野武彦氏)、演出は三家本泰美氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

ルパン一世の絵がオークションにかけられる!

落札したのはアラビアの石油王ナイババ!?

警備にあたるのは銭形警部とナイババの息子たち。

列車でナイババ村に輸送されるルパン一世の絵。

ルパン一味が狙う!

 

フランス大統領

ルパン三世2ndシリーズ 第100話より引用

マキシム・ド・フランスでの食事代を払えないフランス大統領!?

貸しのあるルーブル美術館々長に命令をくだす!

絵を売って、食事代を払え!

 

支払いまでの間、

マキシム・ド・フランスで皿洗いをすることになった大統領。

 

ルーブル美術館々長

ルパン三世2ndシリーズ 第100話より引用

 

大統領に頭の上がらないルーブル美術館々長。

売っても差し支えのない絵を探す。

ルパン一世が描いた「けがれなき青春」を発掘!?

 

オークションにかけた。

オークションにはギャング連中も参加。

裏稼業の人たちで盛り上がった。

 

 

アリババ・ナイババ

 

ルパン三世2ndシリーズ 第100話より引用

 

ルパン一世の絵を50万ドルで落札したアリババ・ナイババ。

石油会社の社長であり、ナイババ村の村長

 

12人の妻、17人の息子と20人の娘を持つ。

息子たちに絵の警護をさせる。

 

銭形警部の尻に異様な関心を示した!?

 

ということで、いかがでしたか?

 

ナイババ村に向かう列車に次々に襲いかかる不二子、五エ門、次元!?

しかし、厳重な警備に退散!?

と思ったら、密かに置いてきたナイババの息子たちを泥酔させていたって!?

 

フランス大統領とルーブル美術館々長の出番は前半まで。

大統領の皿洗いがオチで終了!?

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

ルパン三世の動画

14日間 無料でお試し視聴ができる Hulu(フールー

動画を見るならU-NEXT

 

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です