復活!?ScanSnap S1500M(スキャンスナップ)!不調原因はMojave!?

10年近く使ってきたScanSnap(スキャンスナップ) S1500M

近頃調子がおかしい!?

連続スキャンすると真っ黒なのり弁ページが!

 

買い替え時期か!?

と思ったらMacのOS・Mojaveが原因だった?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ!

 

今回は、「復活!?ScanSnap(スキャンスナップ) S1500M!原因はMojave!?」というお話です。

 

 

復活!?ScanSnap(スキャンスナップ) S1500M!
原因はMojave!?

我が愛機ScanSnap(スキャンスナップ) S1500M!

 

スキャンすると真っ黒なのり弁ページが多発するようになってしまった!

けっこう古い機種です。

 

できればもっと長く使いたいが、

すでにドライバもMojave以降に対応予定なし!?

いろいろ調べてみて、とりあえず解決しました。

 

PFUのダウンロードページより

ScanSnap Manager V6.3L50

OCR パック(アジア) V1.0L10

ScanSnap Manager V6.3L61

ScanSnap Manager V6.3L70

順番にインストール

 

〜サポート期間が終了しております。
macOS Mojave v10.14 へ対応の予定はございません。〜

 

気になる記述もありましたが……。

とりあえず、もうのり弁ページは出ない!

 

心なしか、読み込みスピードも早くなったような気も!

果たしていつまで使えるのか?

長く使えるといいけどね。

 

ScanSnap(スキャンスナップ) S1500Mが
使えなくなってきた……

10年近く、長らく使ってきたScanSnap(スキャンスナップ) S1500M。

 

買った当初は、張り切って本の電子化に取り組みました。

 

いつの頃からか、紙送りがままならなくなり、

1ページずつセットしたりとか苦労したこともあります。

FUJITSU パッドユニット FI-C611Pを交換することで解消されました。

 

ここ最近の悩みとしては、

連続スキャンすると真っ黒になってしまうページが何枚も出ることでした。

 

調べてみると、MacのOSであるMojaveが原因らしい!?

かといって、これだけのためにOSをダウングレードっていうのも……!?

 

富士通のドライバ

富士通のホームページで、

S1500のドライバを調べてみる。

 

ScanSnap ManagerのアップデートはV3.2L91までらしい!

High Sierra(OS10.13)以降は未対応とのこと!

どうする!?

 

のり弁ページ対策!?

のり弁ページ対策として、

いろいろやってみた。

 

のり弁ページは出たり出なかったりなので……。

スキャンをやり直したり、

少しずつ確認しながらやったり……。

しかしムダな時間が多すぎ!

 

新しいScanSnap iX1500でも買うか!?

でも、S1500Mは壊れたわけではない!?

いっそのこと安いWindows機でも買って、自炊専用にする!?

 

で、いろいろ調べて、PFUのダウンロードページに行き当たったわけです。

富士通PFUの関係性はよくわかりませんが、

まあなんか関連会社なのかな?

 

ということで、いかがでしょう。

 

そんなわけで、ScanSnap(スキャンスナップ) S1500Mが復活!

もうしばらく使いたいと思います。

 

あなたはどう思いましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】スキャナと裁断機で自炊!電子書籍PDF化!代行はダメみたいネ

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です