ルパン三世

ルパン三世2nd 第23話「第4次元の魔女」あらすじと感想

ルパン三世2ndシリーズ 第23話より引用

 

「第4次元の魔女」の意味は、

立体映像として登場する不二子のことか!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第23話「第4次元の魔女」のあらすじと感想です。

 

 

ルパン三世2ndシリーズ 第23話「第4次元の魔女」
<あらすじと感想>

ルパン三世2ndシリーズ 第23話「第4次元の魔女」は、

1978年3月13日に放送された。

脚本は大和屋竺(あつし)氏、演出は御厨恭輔氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

パリ警視庁に到着した銭形警部。

国民的アイドルのルパンを逮捕しないように」

と総監から命令が下った!?

しかし、その総監はルパンの変装!?

 

……コンピュータとチェスを楽しむルパン?

不二子に逢えないイライラからか、

コンピュータを破壊してしまう!

 

そんなとき、不二子から電話が……。

ルパンは指定されたイタリアに向かった。

 

しかし、そこで待っていたのは「峰ぶじこ」

不二子のおばだと名乗るが……?

 

不二子はなぜか立体映像として登場する!?

 

次元と五エ門も加わり、

ロンメル元帥が隠した1億ドルの金塊を追う。

 

古代文字の秘密を解いたルパン。

エジプトで、見事に金塊を発見した!

 

遅れて到着した「ぶじこ軍団」

部下の大半は、砂地獄に落ちてしまう。

 

ルパンは、五エ門の斬鉄剣を振るう!

「ぶじこ」の中から不二子が現れた!?

金塊は、4人で山分けとなった……。

 

「峰ぶじこ」とは?

ルパン三世2ndシリーズ 第23話より引用

自称「不二子のおば」。

悪趣味で下品なおばさん。

大勢の部下を従えている。

 

実は不二子の変装

ルパンはぶじこのお尻の感触で不二子だと気づいた!?

 

メガネ、厚化粧、派手派手なデブ、ブス。

「ブス」と言われるのを極端に嫌う!

それを言った者を生かしてはおかない。

 

船上ではルパンたちから、

「ブス!」とか「タンク!」とか言われてました。

 

ということで、いかがでしょう?

 

そもそも不二子は、なぜ「ぶじこ」に化けたのか?

オレにはわからない。

「ルパン三世」は元々不条理なドラマなので、

いいのかな……。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

 

-ルパン三世
-

© 2020 ゆるゆる投資ログPlus