ルパン三世2nd 第122話あらすじ感想!珍発見ナポレオンの財宝

ルパン三世2ndシリーズ 第122話より引用

 

ルパンが不二子の写真を撮影!?

不意打ちを喰らい昏倒するルパン!

そして不二子が消えた?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第122話「珍発見ナポレオンの財宝」のあらすじと感想です。

 

ルパン三世 2ndシリーズ 第122話「珍発見ナポレオンの財宝」
<あらすじと感想>

ルパン三世2ndシリーズ 第122話「珍発見ナポレオンの財宝」は、

1980年2月11日に放送された。

脚本は高階航氏、演出は御厨恭輔氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

撮影中に消えた不二子。

銭形警部はECC議長から連続パイ投げ銃を授かる。

 

銭形に逮捕されたルパンは議長と取引!?

エルメスのスカーフに潜む財宝の地図

そのを解くことを迫られるルパン!

 

ECC(ヨーロッパ共同体:現在のEU )
ジスボーイ・ドダーン議長

ルパン三世2ndシリーズ 第122話より引用

 

ECCのジスボーイ・ドダーン議長

やたらと発音にうるさい変人。

銭形警部に新兵器・連続パイ投げ銃とパイ剥がしスプレーを与えた。

 

ルパンを利用し、

ナポレオンの財宝のありかを探る。

その財宝でヨーロッパ復興を狙う?

 

不二子とグルかと思いきや、

用済みになったルパンともども抹殺しようとした。

 

一芝居打ったルパンのにはまり、

ニセモノの財宝をつかまされる。

自らが放ったミサイルであっけない最期をとげた?

 

歴史学者?
チョーレンパオトン・ドメンタンピン

ルパン三世2ndシリーズ 第122話より引用

 

ハプスブルク城を訪れたチョーレンパオトン・ドメンタンピン?

このふざけた名前の歴史学者は、ルパンの変装。

ナポレオンの財宝の秘密を探る。

 

応対した城主の正体はECCのドダーン議長だった。

 

この帰りにルパンは銭形に逮捕される。

 

ミサイルの射出口に閉じ込められたルパンと不二子

ルパン三世2ndシリーズ 第122話より引用

 

ルパンと不二子はミサイルの射出口に閉じ込められてしまう。

間一髪のところを五エ門に救われた。

 

しかし、あのままミサイルを発射したら、

射出口内部で爆発してしまうのでは!?

 

ということで、いかがでしょう?

 

財宝の隠し場所はビキニ環礁だった!?

しかし過去の核実験によって、すでに吹き飛んでしまっていた。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

【関連記事】ルパン三世2nd 第82話あらすじ感想!とっつあん人質救出作戦

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です