ウルトラQ 第1話あらすじ感想!ゴメスを倒せ!リトラ!

ウルトラQ 第1話より引用

 

現在も作られ続けているウルトラシリーズ。

その元祖がウルトラQです。

記念すべき放送第1作です。

 

トンネル工事現場に怪獣ゴメス出現!

卵から誕生して間もないリトラが奮戦する。

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は特撮TVシリーズ「ウルトラQ」から、

第1話「ゴメスを倒せ!」のあらすじと感想です。

 

 

ウルトラQ 第1話「ゴメスを倒せ!」
〈あらすじと感想〉

ウルトラQ 第1話「ゴメスを倒せ!」は、

1966年1月1日に放送されました。

脚本は千束北男氏、監督は飯島敏宏氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

トンネル工事の作業員が、怪物を見て半狂乱!

洞窟の中からは、隕石のような塊が発見される。

淳、由利子、一平の三人も、

現場にやって来た。

 

古生物に詳しいジロー少年……。

なにか思い当たることがあるようだ。

約70キロ離れた洞仙寺へ向かった。

 

寺にあった絵には、

リトラとゴメスが相対していた。

この絵は裏山の洞窟から見つかったものらしい。

 

例の物体はリトラの卵で、

作業員が見た生物はゴメスだ!

 

洞窟を調べていた淳と由利子は、ゴメスに遭遇していた!

ゴメスを倒すには、

宿敵リトラに頼るしかないとジロー。

 

ジロー少年と一平はリトラを誕生させるべく、

卵を暖め始める……。

 

石坂浩二のナレーション

番組冒頭

ここは、東京都と大阪を結ぶ弾丸道路のトンネル工事現場です。

中ではたくさんの人が、

一刻も早くトンネルを完成させようと働いています。

今夜はこのトンネルの奥で起こったある事件をお伝えします

ウルトラQ 第1話より引用

 

番組終了間際

東海弾丸道路……。

北山トンネルを抜けると小さな墓標が建っています。

それは、ジローくんが建てた勇敢なリトラの墓なのです

ウルトラQ 第1話より引用

 

ゴメスとリトラ

ウルトラQ 第1話より引用

リトラは、

東宝映画「三大怪獣・地球最大の決戦」操演用ラドンを改造したものです。

そのまぶたは、下から開閉する。

しっぽはまるで孔雀のようです。

生物感にあふれていました。

ドラマに引き込まれて、思わず応援してしまいます。

 

一方のゴメスは、

東宝映画「モスラ対ゴジラ」ゴジラ(いわゆるモスゴジ)を改造したもの。

角と牙、鱗や爪で印象がガラリと変わっています。

尻尾のはね上がり方とか、まるで生きているようでした。

 

印象深いゲスト:大村千吉氏、村岡順二氏

ウルトラQ 第1話より引用

 

トンネル工事中にゴメスを目撃する「アル中の男」

大村千吉氏が演じています。

驚いて半狂乱になる様が、

なんともいえません。

 

ウルトラQ 第1話より引用

丸メガネのジロー少年

やたらと、古生物に詳しいです。

 

「風のフジ丸」の声で話していました。

演じたのは村岡順二氏。

声は小宮山清氏でした。

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

古いドラマですが、ものすごく丁寧に作られています。

当時の映画並です。

見てない人は、是非見よう!

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

総天然色ウルトラQ 1【Blu-ray】 [ 円谷一 ]
価格:5637円(税込、送料無料) (2019/4/8時点)

楽天で購入

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です