ウルトラQ dark fantasy 第24話「ヒトガタ」あらすじ感想!実相寺監督

ウルトラQ dark fantasy 第24話より引用

 

気力を無くした哲学者の門野。

行き倒れの老人を発見!

側の箱の中には髪の長い人形!?

人形に惹かれた門野は、箱を自宅に持ち帰った!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は「ウルトラQ」のリメイク作・「ウルトラQ dark fantasy」から、

第24話「ヒトガタ」のあらすじと感想です。

 

 

ウルトラQ dark fantasy 第24話「ヒトガタ」
<あらすじと感想>実相寺監督

 

ウルトラQ dark fantasy 第24話「ヒトガタ」 は、

2004年9月14日に放送された。

脚本は小中千昭氏、監督は実相寺昭雄氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

行き倒れの老人を発見した哲学者の門野!

側の箱に入っていた髪の長い人形に惹かれる。

箱を自宅に持ち帰った門野。

人形・ヒナの鼓動が聞こえる!?

 

 

行き倒れの老人?

ウルトラQ dark fantasy 第24話より引用

行き倒れの老人を発見した哲学者・門野

のちにその老人は、帝大教授・真柄太郎と判明する。

門野を堀内正美氏が、真柄を寺田農氏が演じた。

 

箱の中の人形・ヒナ

ウルトラQ dark fantasy 第24話より引用

気力を失っていた門野。

なぜか人形・ヒナに惹かれた?

 

ヒナと門野

ウルトラQ dark fantasy 第24話より引用

何度も登場するデカルトの言葉、「我オモフ、ユエニ我アリ」。

ヒナを思ってくれたら、ヒナはここにいる!?

 

人形のヒナの鼓動が聞こえる?

ヒナがしゃべる?

 

真柄教授とヒナ

ウルトラQ dark fantasy 第24話より引用

メイドの京子が帝大に赴いて、調査?

 

ここでようやくレギュラーのひとり渡来(演:草刈正雄氏)が登場する。

 

死んだ真柄教授が研究していたのは、

人の想念物理的な力へ転換する半永久機関!?

その研究の成果がヒナ!?

 

完成当初は小さかったヒナが、人の思いにより成長!?

 

京子の嫉妬?

ウルトラQ dark fantasy 第24話より引用

門野に思いを寄せる京子……。

ヒナに呪いをかける。

そして息絶える門野。

 

みるみる小さくなるヒナ。

やがて消えていく……。

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

我オモフ、ユエニ我アリ……

 

格調高い哲学の世界を堪能

やっぱり、普通のウルトラシリーズと一味違います。

なんともいえない深い味わいでした。

 

あなたは、どう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

【関連記事】ウルトラマンダイナ 第38話「怪獣戯曲」 あらすじ感想!実相寺監督

【関連記事】ウルトラQ dark fantasy 25話「闇」あらすじと感想!実相寺監督

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です