ウルトラQ 第17話 おすすめ!「1/8計画」あらすじと感想!

ウルトラQ 第17話より

 

人口過密問題を解決する政策!?

1/8の大きさにに縮められてしまった由利子

もう一般の人たちと一緒には生きていけない!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は特撮TVシリーズ「ウルトラQ」から、

その第17話「1/8計画」のあらすじと感想です。

なかなかおもしろい、おすすめ回です。

 

 

ウルトラQ 第17話「1/8計画」〈あらすじと感想〉

ウルトラQ 第17話「1/8計画」は、

1966年4月24日に放送されました。

脚本は金城哲夫氏、特技監督は有川貞昌氏、監督は円谷一氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

朝のラッシュアワー。

人混みの中、由利子階段から転落

「1/8計画・第3次募集中」の看板。

由利子は区役所へ。

 

Sモデル地区の説明を聞く人々。

労働・税金なし

好きなことだけやれば良し。

 

人混みに押された由利子は、

1/8計画のエレベーターへ。

そして、人間縮小機にかけられる。

 

S13地区の市民番号を与えられた由利子。

だが、正式な手続きを得てないため逮捕されてしまった。

留置されていた男に窓から逃してもらうものの、川に流されてしまう。

 

いろいろあって、なんとか星川航空へ。

だが、そこには由利子の遺影が……。

毎日新報に電話をしても相手にされず……。

 

絶望した由利子は、S13地区に戻る。

巨大な一平が乗り込んできたが、

「寂しくないから、帰って」と強がる由利子。

 

飛び出していくが、

またも人混みに押され倒れる……。

病院……、

軽い脳震盪ということで目を覚ました由利子。

 

まさかの夢オチで一件落着でした……。

 

石坂浩二氏のナレーション

  • オープニング

地球上のどこにでも存在する何の変哲もない街。

だが世界一の人口密度をもつこの街では、

いま深刻な戦いが始まろうとしているのです。

これから30分、あなたの目はあなたの体を離れ、

この不思議な時間の中に入っていくのです

  • エンディング

古い記録によると、巨石文化時代の人類は身の丈18メートル、

見の幅が5メートルもあったという。

現在の人類は、いつからそして誰の手によって、

どういう理由で小さくなったのか。

それはまだ謎のままである

 

人口過密・食糧問題

人口過密・食糧問題……、

人間が小さくなれば一気に解決って。

安直すぎるような……。

小さくなってしまうと戻れない設定だし……。

 

由利子の絶望感・孤独感ったらなかったですね。

確かに、みんなで小さくなっちゃえばとも思えるけど……、

実際どうなんでしょうか。

 

街も人も小さくなると、

普通の人が怪獣並みになるのは、

おもしろかったです。

 

マット・ディモン主演の映画「ダウンサイズ」の元ネタ?

そんな説もあるみたいです。

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

未見の方は、ご覧になってみてはどうですか?

怪獣は出ないけど、なかなかのおすすめエピソードです。

 

ちなみに今回は小さくなった由利ちゃんこと桜井浩子氏。

後番組のウルトラマンではなんと巨大化!

巨大フジ隊員としてビルを破壊したりもするのでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

【関連記事】ウルトラQ 第22話 モルフォ蝶の鱗粉で巨人に「変身」あらすじと感想

【関連記事】ウルトラマン 第33話「禁じられた言葉」巨大フジ隊員!あらすじと感想

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です