ウルトラQ 第23話 あらすじ感想!大ダコ・スダール「南海の怒り」

順調に海を征く第五太平丸……。

突然の座礁……、

ではなく大ダコが現る!

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は円谷プロ制作の空想特撮シリーズ「ウルトラQ」から、

第23話「南海の怒り」のあらすじと感想です。

ウルトラQ 第23話「南海の怒り」<あらすじと感想>

ウルトラQ 第23話「南海の怒り」は、

1966年6月5日に放送されました。

脚本は金城哲夫氏、特技監督は的場徹氏、

監督は野長瀬三摩地氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

第五太平丸

第五太平丸を操る雄三……

 

雄三という名前は、

加山雄三から取ったのはほぼ間違いないでしょう。

久保明氏が演じました。

東宝特撮映画に何本も出演してました。

 

で、順調な航海……。

船長であるとも軽口。

しかし、突然の挫傷!?こんな沖合で?

大ダコの襲来だった!

 

船に侵入してくる大ダコの足

乗組員が放り出される。

SOS発信

 

からみつくタコの足で、

船が大きく揺れる!

 

ばらばらになった船から、

船長親子は海に投げ出された。

父は息子に救命具を渡し、

力尽き海に沈んでいった……。

 

コンパス島

コンパス島に漂着した雄三は、

原住民のアニタに助けられた。

 

アニタを演じたのは、高橋紀子氏。

日本人です。

島民のみなさんも、みんな日本人が演じました。

 

とりあえず、毎日新報のデスクの依頼で、

万丈目、一平、由利子がコンパス島に飛んだ。

通訳として同行するのは、語学の天才(?)南。

 

雄三はアニタの看病を受け、元気になった。

と思ったら、島の男に襲われて負傷

 

万丈目御一行様が島に到着。

警戒した島民が、銃やヤリを持って取り囲む。

帰るように言われるが、通訳の南が交渉!

 

そのとき突然、島民が騒ぎ出した。

 

大ダコ・スダール登場

大ダコ出現!

島民はスダールと呼ぶ。

こどもがピンチ!

崖に逃げるが……。

島民たちは怯えて手を出さない。

 

万丈目が崖に登り、こどもを救助。

島民が懐柔し、滞在許可が出た。

 

アニタの父や兄もスダールに殺された。

しかし、島民としては島の守り神だと思っている。

スダール信仰!?

 

スダールはどこにいるのか?

アニタによれば、

沖合に岩の突き出たところがあり、

その下にスダールは棲む。

 

スダール退治のため、

コンパス島に爆撃機が派遣されることに。

スダールを守り神と崇める島民は、

万丈目たちの邪魔をする。

 

島の掟をやぶって、

スダールの棲家を教えたアニタ。

島の男たちが、

アニタや雄三たちを縛り上げる。

火炙りにされるらしい!?

 

人間対タコ

爆撃機が到着!

……爆撃開始

動き出すスダール!

見守る島民。

 

すきをついて、

アニタたちを救出する万丈目と一平

 

スダールは、島に上陸して家を破壊

島民はヤリで応戦するが、

効いているのかどうか!?

 

雄三もヤリを投げる!

万丈目と一平も参戦!

雄三、渾身の一撃

スダールにヤリが刺さった!

 

海に帰っていくスダール……。

とちゅうで力尽きた。

 

一安心の一同。

「おとうさーん!」と叫んだ雄三は、

島に残る決意を固めた。

父の跡を継いで船乗りにならなくていいのか!?

 

雄三とアニタは、

帰っていく万丈目一行を見送るのだった。

 

東宝特撮映画の大ダコからウルトラQのスダールへ

スダール、よく動いていました。

怪獣というよりは、

文字通り大ダコ

 

船を襲ったり、

コンパス島でこどもを追いかけたり……。

 

大ダコ・スダールには、

東宝特撮映画のフィルムも流用された。

終盤のヤリの攻撃を受けるシーンは、

「キングコング対ゴジラ」からの流用が多い。

 

ところどころ違和感のある画質になっているので、

すぐにわかります。

「フランケンシュタイン対地底怪獣」

「サンダ対ガイラ」のフィルムも

使われているようです。

 

石坂浩二氏のナレーション

  • オープニング

そこは、ミクロネシアに点在する島の人々から死の海と呼ばれる海域であった。

だが、恐れを知らぬ漁師たちはタブーを笑い、

勇敢にも死の海に漁場を求めていったのです……

 

いかがだったでしょうか?

 

スダール……、でっかいタコでした。

しかし、あんなでかい体に、

人が投げたヤリが刺さったぐらいで死ぬのかしら?

素朴な疑問でした。

 

あなたはどう思いましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です