ウルトラQ

ウルトラQ 第20話のあらすじ感想!海底原人ラゴンが島に上陸!

ウルトラQ 第20話より

 

地殻変動!

もうすぐ日本が海の中に沈む!?

伊豆の岩根島に出現した海底原人……、ラゴン!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は円谷プロ制作の空想特撮シリーズ「ウルトラQ」から、

第20話「海底原人ラゴン」のあらすじと感想です。

 

 

ウルトラQ 第20話「海底原人ラゴン」
<あらすじと感想>

ウルトラQ 第20話「海底原人ラゴン」は、

1966年5月15日に放送されました。

脚本は山浦弘靖氏と野長瀬三摩地氏(原案:大伴昌司氏)、

特技監督は的場徹氏、監督は野長瀬三摩地氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

海底火山の取材のため、

出かけることになった由利子。

 

伊豆の岩根島まで、

万丈目と一平に同行してもらう。

 

ヘリのスケジュールの都合で、

一平だけは東京に戻った。

 

海洋地質学者の石井博士に取材の予定だが……。

島の沈没を心配する石井博士は、漁業長調査船を出すよう要請中。

しかし、なんだかんだと腰の重い漁業長

 

そうこうしているうちに、船がから戻る。

漁師の川崎が、得体の知れない物体を持ち帰った。

石井博士がその物体を調査してみると、海底原人ラゴンの卵かも!?

 

そのラゴンが島に上陸

を取り戻しに来たらしい!?

深海の水圧の中で生きてきたラゴンは、恐るべき怪力を持つ。

家の壁などは、紙っぺらのようなもの。

 

万丈目は、ラジオの音楽に気を取られるラゴンを崖まで誘導する。

強い地震が起き、ラゴンは崖から転落する……。

 

生きていたラゴンは、再び浜から上陸

意を決した文子が、ラゴンに孵化したこどもを返すのだった。

こどもを連れて海に帰っていくラゴン……。

 

さらに地震が強くなり、これ以上島にとどまるのは危険

船で避難を始める島民たち。

石井博士と文子も続く。

博士の言葉通り、岩根島は沈み始めた!?

 

取り残された万丈目と由利子だが……。

一平の操縦するヘリが到着して、救われました。

 

爬虫類の進化した海底原人ラゴン

後に巨大化して、

「ウルトラマン」とも戦った海底原人ラゴン。

 

今回は、等身大での登場。

いわゆる半魚人のような姿をしている。

 

石井博士によれば、

2億年ぐらい昔に地球を支配していた?

5000メートルぐらいの深海に棲むそうです。

 

爬虫類の進化したもので、卵を産む。

その卵を奪われたため、

小さな漁師町に上陸した。

 

ラジオから流れる音楽に関心を示した。

 

ラゴンのスーツアクターは、

初代ウルトラマンケムール人をも演じた古谷敏氏でした。

その長身で手足の長い体型は、

ラゴンにぴったりでした。

 

今回のゲスト

「もうすぐ日本が海の中に沈む」と論文に書いて、

学会を追われた海洋地質学者……。

その石井博士を演じたのは、石崎二郎氏。

 

その妹・文子珠めぐみ氏。

漁業長を演じたのは、笹川恵三氏でした。

漁師の利夫役で若き日の黒沢年男氏の顔も見られました。

 

石坂浩二氏のナレーション

  • オープニング

なし

  • エンディング

いつの日にか、博士の予言どおりに、

日本も海の中に沈む日が来るかも知れないのです……

 

いかがだったでしょうか?

 

勇気をふりしぼって、

ラゴンにこどもを返した文子。

ちょっと胸を打つものがありました。

 

あなたはどう思いましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

【関連記事】ウルトラQ 第19話あらすじ感想!2020年の挑戦 ケムール人登場!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

総天然色ウルトラQ 6 【Blu-ray】
価格:4760円(税込、送料別) (2019/4/10時点)

楽天で購入

 

 

 

-ウルトラQ

© 2020 ゆるゆる投資ログPlus