ウルトラQ 第11話「バルンガ」太陽に向かう!?あらすじと感想!

バルンガとは何か?!

バルンガは間もなく宇宙へ帰る……

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

今回は、円谷プロ制作の特撮TVシリーズ「ウルトラQ」

その第11話「バルンガ」のあらすじと感想です。

ウルトラQ 第11話「バルンガ」〈あらすじと感想〉

ウルトラQ 第11話「バルンガ」は、

1966年3月13日に放送されました。

脚本は虎見邦夫氏、監督は野長瀬三摩地氏です。

以下、あらすじと感想です。

長かった土星への旅を終え、疲れ切った宇宙飛行士。

大気圏に突入する、そのまえに地球と交信し、ちょっとホッとする。

しかし、点火したはずのロケットエンジンが止まってしまう!

窓の外には、風船のような物体が……。

成層圏で燃料切れのサタン1号は、墜落して粉々に……。

淳は、セスナでのフライト帰りに風船を見る。

なぜか、燃料が空に……。

星川航空……、一平が、

ラジエーターの隙間でぷかぷか浮いていた物体を発見する。

その物体を乗せ、車を走らせる淳たち三人。

そうこうしているうちに、ガソリンが切れる。

そして、渋滞が起きる。

物体が近くのエネルギーを吸収している!?

車の中の風船が成長!車ごと宙に浮かび上がる!

……20年前にあの物体を発見した学者がいる。

物体はバルンガ、学者の名は奈良丸

奈良丸は、学会から詐欺師呼ばわりされ、

教授の職から退いたのだった。

東京上空のバルンガには、ミサイルも効果なし。

台風上陸!バルンガ退治を台風に期待。

しかし、台風も吸収されてしまう……。

国連の衛星からロケット発射!人工太陽ができる。

誘導されるバルンガ。

さらに本物の太陽へ!

バルンガは、本来の食べ物に気づいたのか……。

石坂浩二氏のナレーション

オープニング

着陸寸前の宇宙船を襲った原因不明の事故……。

宇宙空間には、無数の星間物質が漂っています。

大きさも大小さまざま。

だが、なぜそこに風船が……

エンディング

明日の朝、晴れていたら、まず空を見上げてください……。

そこに輝いているのは、太陽ではなくバルンガなのかもしれません……

太陽に向かうバルンガとは?

けっきょく、バルンガとは何だったのか?

よくわかりませんが、

エネルギーを吸収して大きくなる……、成長する……。

最初は、風船大だったのにね、

あんなに大きくなって……。

生物なのか?それともまた……?

得体の知れないものは、怖いです。

エンディングのナレーションも、

また怖ろしいこと言ってます。

まず、空を見上げろって……。

まあ、とりあえず太陽のところへ行ってくれて良かったね……。

ということで、いかがだったでしょうか?

もし、現代社会に現れたら、どうなるのでせう!?

あなたはどうお感じになりましたか?

動画配信サービス等で見ることができます。

未見の方はご覧になってみてはどうでしょう?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

【関連記事】ウルトラマン 第17話「無限へのパスポート」のあらすじと感想!

【関連記事】ウルトラマンマックス第15話あらすじ感想!第三番惑星の奇跡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です