ウルトラシリーズ

ウルトラマン 第14話「真珠貝防衛指令」ガマクジラ!あらすじと感想

あの実相寺昭雄氏がウルトラシリーズを演出!

その第1作目です。

 

真珠を食べる怪獣・その名もガマクジラが登場します。

ガマとクジラを直接合わせたネーミングが素敵です。

 

今回は特撮TVシリーズ「ウルトラマン」から、

第14話「真珠貝防衛指令」のあらすじと感想です。

ウルトラマン 第14話「真珠貝防衛指令」
<あらすじと感想>実相寺監督作品

ウルトラマン第14話「真珠貝防衛指令」は、

1966年10月16日に放送されました。

脚本は佐々木守氏、監督は実相寺昭雄氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

イデ隊員をお供に従えて、

銀座ショッピングのアキコ隊員

宝石店では、真珠の輝きに夢中。

 

店主から、

「最近の真珠高騰について、全滅に近い打撃を受けた」と聴かされる。

「海に真珠を食う怪獣がいる?」とイデ。

それに同意し、確信するアキコ。

 

……伊勢湾怪獣ガマクジラが現れた。

真珠を食い荒らすガマクジラ。

そして、科特隊が出動!

 

気球爆弾、ネットによる放電攻撃、真珠型爆弾小型ジェット噴射機……。

様々な作戦を駆使。

ガマクジラに立ち向かう。

思いついた作戦は即座に実行!

 

最終的には、

小型ジェット噴射機で飛んでいるガマクジラウルトラマンと衝突

ガマクジラは爆発した。

 

再び銀座……。

荷物持ちにイデを従えて、

闊歩するアキコでした。

 

寺田農氏出演

本エピソードで、実相寺氏はウルトラ作品を初監督しました。

 

ちなみに最後にウルトラシリーズで監督したエピソードは、

ウルトラマンマックス第24話「狙われない街」です。

両作品ともに、盟友・寺田農氏が出演しています。

今回は、トラック運転手の助手役でした。

若々しい姿を見せていますが、セリフは少なかったです。

実相寺カット

個性的な実相寺カット……。

 

逆光での人物、わざと斜めに撮る、

極端なクローズアップなどなど、

いろいろあります。

 

今回は、タイヤのホイールに映り込んだ銀座の風景とか、

道具越しの人物などが見られます。

 

人物のアップがやたらと多かった印象があります。

感情的なアキコ隊員

女性が大好きな真珠。

それを食べてしまう怪獣ガマクジラ。

いつにも増して、怪獣を許せないアキコ隊員。

 

珍しく気持ちが昂ぶり、感情的だった。

ほかの隊員たちは、普通に作戦を遂行してました。

怪獣ガマクジラと戦わないウルトラマン

実相寺監督の回は、

ウルトラマンが怪獣とまともに戦わないことが多いです。

 

今回のウルトラマンも、

戦わずに空を飛んだだけでした……。

 

ガマクジラと空中衝突して爆発

それで出番終了でした。

ということで、いかがだったでしょうか?

 

子供の頃は、あまり好みではなかった実相寺演出。

大人になって、ようやくその面白さがわかってきました。

 

あなたはどう思いましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

【関連記事】ウルトラマン 第15話「恐怖の宇宙線」ガヴァドン!あらすじと感想

【関連記事】ウルトラマン 第22話「地上破壊工作」テレスドン!あらすじ感想

【関連記事】ウルトラマン 第23話「故郷は地球」ジャミラ!あらすじと感想

【関連記事】ウルトラマン 第34話「空の贈り物」スカイドン!あらすじと感想

【関連記事】ウルトラマン 第35話「怪獣墓場」シーボーズ!あらすじと感想

ブログ閉鎖のお知らせ

ゆるゆるおすすめサービスと商品!

-ウルトラシリーズ
-