ウルトラシリーズ

ウルトラセブン 第2話「緑の恐怖」生物Xワイアール星人!あらすじ感想

ウルトラセブン 第2話より

 

休暇中の地球防衛軍イシグロ隊員、夫婦そろって箱根の旅へ。その電車内にて、妻はみかんの皮を向いて愛する夫に手渡した。

はいどうぞ、あなた。

ふと見た旦那の姿は緑色のバケモノ!?

ウギャー!

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は円谷プロ制作の空想特撮シリーズ「ウルトラセブン」から、

第2話「緑の恐怖」のあらすじと感想です。

 

ウルトラセブン 第2話「緑の恐怖」
〈あらすじと感想〉生物X・ワイアール星人!

ウルトラセブン 第2話「緑の恐怖」は、

1967年10月8日に放送された。

脚本は金城哲夫氏、監督は野長瀬三摩地氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

宇宙ステーションV3に勤務するイシグロ隊員。

休暇で地球に帰ってきた。

ダンはイシグロを家まで送るが、

その庭にチルソナイト808があるのに気づく。

 

ワイアール星の金属であるチルソナイト808が、

なぜこの地球に!?

 

ダンとアンヌは

なにものかに襲われた男をメディカルセンターへと運びこんだ。

しかし、男は緑色の植物のような化物に変身!?

その後も、何人もの人間が怪物化する現象が起こった。

 

市民の夜間外出は禁止された。

基地に運ばれたチルソナイト808だが、

固くて分析のしようがなかった。

 

一方、イシグロ邸からは小型のチルソナイトが発見された。

ダンとアンヌが駆けつける。

ウルトラセブン 第2話より

ダンが小型チルソナイトをカナヅチで叩き壊す!

同時に本部のチルソナイト表面も割れていく!?

中から出てきたのはイシグロ隊員!?

 

ということは!?

奥さんと電車の旅を楽しんでいるはずのイシグロは?

奥さんがみかんの皮をむいてくれる。

 

苦しみ始めたイシグロが

緑色のバケモノに変身!?

正体を現した生物X・ワイアール星人が巨大化!

ウルトラセブン 第2話より

ダンはセブンに変身!

アイスラッガーでワイアール星人を真っ二つに!

エメリウム光線でトドメを刺した!

 

イシグロと再会する奥さん。

ドキッとするが、本物で安心。

めでたしめでたし。

 

浦野光氏のナレーション

オープニング

その日、宇宙ステーションV3から6ヶ月ぶりに休暇をもらい、

地球の本隊に帰ってきた一人の隊員があった……

ウルトラセブン 第2話より

 

エンディング

事件は終わった……。

だが、宇宙からの侵略が終わったわけではない。

あの鉛色の物体が、いつあなたの庭に落ちてくるかもしれないのです。

明朝、目が醒めたら、まず庭をご覧ください……

ウルトラセブン 第2話より

ワイアール星人に襲われたのはあの…?

ウルトラセブン第2話より

夜の街を徘徊、そして人々を襲うワイアール星人!その被害者たちは次々と怪物化されてしまうのだった。最初に襲われたのは仕事帰りのサラリーマン

見覚えのあるそのご尊顔は、あの大村千吉さんではありませんか。怪物に遭遇した恐怖を存分に表現してくれました。

東宝特撮や円谷に欠かせない名バイプレイヤーでした。

 

地球防衛軍隊員の言によれば、ワイアール星人が倒されると同時に人間として復活されたそうです。

ということで、いかがだったでしょうか?

 

セブンも序盤の第2話目。

大した苦戦もせず、

軽々やっつけて颯爽と去っていくのが印象に残ります。

 

ちなみに「ウルトラQ」でのガラモンの電子頭脳もチルソナイトでした。

 

あなたは、どう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ウルトラシリーズ<あらすじと感想>目次

【関連記事】ウルトラQ 第13話「ガラダマ」隕石怪獣ガラモン!あらすじ感想

【関連記事】ウルトラQ 第16話「ガラモンの逆襲」セミ人間!あらすじと感想

 

▼ウルトラセブン ミュージックファイル▼

-ウルトラシリーズ
-,

© 2020 ゆるゆる投資ログPlus