さようなら!日本郵政(6178)の株式を全て売却した話&思ったこと

本日2019年7月16日、日本郵政(6178)の株式を全て売り払いました。

多少の損は出たけど、もういいや!

 

政府が株式を保有している限り、

潰れないと思っていた郵便局

黙っていても配当金は入ってくるが……。

 

一連のかんぽ不適切販売の報道を見るにつれ聞くにつれ、

憤りが込み上げてくる。

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は、「さようなら!日本郵政(6178)の株式を全て売却した話&思ったこと」です。

 

 

さようなら!
日本郵政(6178)の株式を全て売却した話&思ったこと

もともと国で営んでいた郵政事業。

郵政グループの持ち株会社が日本郵政(6178)です。

現在は政府がその57%を保有。

 

配当金も出るし、政府が保有しているから大幅な下げはないと見ていました。

 

だけど、このところの騒動を見てイヤになりました。

こんな会社に投資しても仕方ない!

潰れた方が良い!と思いました。

せっかちなわたしです。

 

でも、オレはこの会社が嫌いになりました。

もう株価が上がっても下がってもどうでもいいや!

 

とりあえず1700株ほど保有していました。

長期保有の予定でした。

 

全部売り払って、スッキリしました。

さようなら。

 

日本郵政(6178)

日本郵政は持ち株会社です。

そのグループ会社には、

かんぽ生命、ゆうちょ銀行、日本郵便があります。

 

かんぽ生命(7181)

郵政グループ内で保険を扱う会社がかんぽ生命

 

ゆうちょ銀行(7182)

郵政グループ内で貯金を扱う会社がゆうちょ銀行

 

日本郵便

唯一株式が市場公開されていない日本郵便

日本郵政の100%子会社です。

郵便事業郵便局の運営を行う。

かんぽ生命とゆうちょ銀行から業務委託を受けている。

 

かんぽの不適切販売

問題になっているかんぽの不適切販売は、

かんぽ生命日本郵便で行われた。

 

お客にとって不利益な保険を押し売り!!

過去に入っていた保険を無駄にされたり、

保険に入れなくなってしまったり……。

 

とんでもない話です。

 

自信を持って売る?
SNS禁止!?

不祥事発覚後にも、

日本郵便社内では「自信を持って売るように」という通達が回るノーテンキさ加減

 

さらには社員に対し、SNS禁止のお達しを出す!

ここまできても都合の悪いことは隠したいらしい!?

2019年7月10日の謝罪会見での日本郵便社長はなんか威張っていたし。

 

こんな人たちの給料稼ぐためにやっていた不適切営業って!?!?

ねえ。

 

かんぽ生命と日本郵便の保険営業は、8月まで自粛するそうです。

また全顧客説明意向確認をするとのことですが。

 

もう並大抵のことではお客様からの信頼は戻りませんよ。

でも、補償だけはしっかりやってください!

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

とりあえず、日本郵政(6178)を売り払い、

そのお金で投資信託を買いました。

その話はまた後日……。

 

あなたはどう思いましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

投資は自己責任でどうぞ。

 

【関連記事】2019年6月 日本郵政(6178)から届いた株式関係書類について

【関連記事】日本郵政株(6178)!権利確定日とは?持っていると得をする?

【関連記事】6178日本郵政と9433KDDIからの株主配当金!

【関連記事】かんぽ生命の不適切販売問題!日本郵政(6178)などの株価は?

【関連記事】2019年7月の投資運用成績初心者の体験記!? 郵政・日産売却!

楽天証券で口座開設した投資初心者の話|ゆるゆる投資ログPlus

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です