ルパン三世2nd 第86話あらすじ感想!謎の夜光仮面現わる

ルパン三世2ndシリーズ 第86話より引用

 

こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第86話「謎の夜光仮面現わる」のあらすじと感想です。

 

ルパン三世2ndシリーズ中で、

屈指の?復讐ミステリーです。

 

 

ルパン三世2ndシリーズ 第86話
「謎の夜光仮面現わる」<あらすじと感想>

ルパン三世2ndシリーズ 第86話「謎の夜光仮面現わる」は、

1979年6月4日に放送された。

脚本は宮田雪氏、演出は三家本泰美氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

パリのル・モンド侯爵が殺害され、

秘宝のサファイアが盗まれた!

犯人は夜光仮面!?

ルパン三世2ndシリーズ 第86話より引用

 

作家のコナン・ドリルは、

夜光仮面の正体はルパンだと語るが……。

 

今度はヨハネス伯爵邸で、

仮面舞踏会が開かれた。

ルパンも仮装して潜入。

 

2つ目のサファイアを持つ娘と侍女が、

入れ替わっていた。

しかしサファイアは盗まれ、

伯爵と娘は殺されてしまった。

 

3つ目のサファイアは、

セシボン大学のドルメン教授が所有。

またしても夜光仮面が現れた。

ルパンも夜光仮面に変装!

二人の夜光仮面が対決!?

 

夜光仮面の正体は!?

コナン・ドリル!

サファイアを奪われた父の復讐のため!?

犯行を重ねていたドリル……。

 

混乱の中、ルパン一味が3つのサファイアを奪い去った!

 

古代インカ帝国の秘宝を手に入れるために、

サファイアが必要だった……。

 

愉快な五エ門・その1

ルパン三世2ndシリーズ 第86話より引用

 

ルパンたちと作戦を練っているとき、

せっせと抹茶を立てていた五エ門。

美味しそうに羊羹を食べる。

 

「おいしいね、この羊羹。

お茶請けにまさにぴったり。

羊羹の甘さが茶の苦さをを一層引き立てて

まさに美味、うん

日本の味。あ、懐かし」

なんか、セリフがしゃれてました。

 

またつまらぬものを斬ってしまった五エ門

映画「ルパンvs複製人間」「カリオストロの城」等で

おなじみのセリフが、

本エピソードで聞けます。

 

二人の夜光仮面の正体を見事に明かしました。

「またつまらぬ物を斬ってしまった…」

かっちょよくキメました。

 

愉快な五エ門・その2

財宝を不二子に持ち逃げされたルパン。

不二子はヘリで逃げる。

 

五エ門が剣がうなる!

さすがぁ、五エ門センセイ!

と思ったら……、

「届かなかった……」

って。

わはは。

 

ということで、いかがでしょう?

 

脚本の宮田雪氏は、

初期の頃からルパン三世に関わっています。

 

1stシリーズ第3話「さらば愛しき魔女」など、

ハード路線も得意です。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です