ルパン三世1st 第18話「美人コンテストをマークせよ」あらすじ感想

表向きは美人コンテスト!

その裏で取引きされる数々の名画!

テレビクルーとなり潜入するルパン!

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世1stシリーズから、

第18話「美人コンテストをマークせよ」のあらすじと感想です。

 

ルパン三世1stシリーズ 第18話「美人コンテストをマークせよ」
<あらすじと感想>

ルパン三世1stシリーズ 第18話「美人コンテストをマークせよ」は、

1972年2月20日に放送された。

脚本は松岡清治氏、演出はAプロダクション演出グループです。

以下、あらすじと感想です。

 

ミスグローバルコンテストを装って、

名画の取引が行われる情報を掴んだルパン。

主催者は、往年の名画泥棒スミス

 

テレビクルーに変装したルパン。

次元・不二子とともに会場に入り込んだ。

 

五エ門は、空から乱入。

会場を大混乱の渦に!

その様子をビデオに収めるルパン一家。

 

名画のありかは?

ビデオを分析。

どうやら、美女たちの衣装箱がくさい。

 

コンテストの最終審査を早めるスミス。

親島に移動を始める。

ルパンも美女にインタビューするため?同行する。

 

途中の子島に立ち寄るルパンと美女たち。

このとき、名画と美女をすり替える

 

おっとり刀で最終審査会場にかけつける銭形。

スミスの名画取引の現場にバッタリ!

お手柄の銭形。

悪党たちを一網打尽に!

 

そこへ、ルパンがクルーザーで登場!

その帆には名画がずらりと並んで圧巻!

 

事の真相を悟った銭形は悔しがるのだった……。

 

き○ちがいに刃物!五エ門大暴れ

ヘリコプターからパラシュートで降下

コンテスト会場に乱入した五エ門。

突然の出来事に、会場は騒然

 

着地と同時に、

自らの剣でパラシュートのロープを切断

そこからが大暴れが始まる!

 

会場を縦横無尽に駆け回る!

なんでもかんでも斬りまくった!

審査員室、机、壁……。

もう手当たり次第

 

コンテストはメチャクチャ

会場は大混乱

 

まさしく、き○ちがいに刃物

でも、見ていて非常に楽しいシーンでした。

 

テレビクルーになったルパン一家

テレビクルーに化けたルパンたちが、

悪党どもの犯罪行為をテレビ中継!

 

後の映画「ルパン三世・カリオストロの城」でも使われたパターンです。

悪党たちを大慌てさせるところが気持ち良いです。

 

世界の名画

ピカソ、ルノワール、ダビンチ、歌麿、

世界的な名画が登場します。

ルパン流名画の楽しみ方が痛快です。

 

ということで、いかがだったでしょう?

 

泥棒のルパンたちが、

悪党をやっつける話はおもしろい。

けっこう、このパターン多いです。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また〜。

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です