ルパン三世1st 第22話「先手必勝コンピューター作戦!」あらすじ感想

コンピューターvsルパンの頭脳……。

勝つのはどっちだ!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世1stシリーズから、

第22話「先手必勝コンピューター作戦!」のあらすじと感想です。

ルパン三世1stシリーズ 第22話「先手必勝コンピューター作戦!」
<あらすじと感想>

第22話「先手必勝コンピューター作戦!」は、

1972年3月19日に放送された。

脚本は宮田雪氏、演出はAプロダクション演出グループです。

以下、あらすじと感想です。

 

FBIから警視庁へコンピューターが贈られた。

同時に技師のゴードンが派遣される。

 

ゴードンはのたまう。

「コンピューターの前では、いかなる頭脳的犯罪も不可能だ!」

 

ルパンはコンピューターに挑戦する。

機械より自分の頭脳を信じる。

 

現金輸送列車襲撃を予告。

ゴードンとコンピューターによって、

ルパンの計画が割り出された

 

銭形もまた、

コンピューターより自分を貫く。

自らの考えで動く!

 

……その結果。

次元と五エ門は逮捕出来たものの、

ルパンを捕り逃してしまった。

しかし、ルパンは次元と五エ門を救出にやってくるはず!

 

一度失敗した銭形は、

不本意ながらコンピューター通りに行動する。

警視総監からも釘を刺されている

 

コンピューターの指示は、

トランポリンカーで逃げようとするルパンを取り囲め!

しかし、ルパンの気まぐれがコンピューターに勝った!

 

地上から逃げるはずの3人は、空に消えていった……

 

映画「ルパン三世・ルパンvs複製人間」でも出演!
ゴードンとフリンチ

今回のエピソードと直接は関係ない話です。

顔も役柄も変わっていますが、

後の映画「ルパン三世・ルパンvs複製人間」に、

ゴードンフリンチとともに登場します。

 

第22話「先手必勝コンピューター作戦!」のゴードン
FBIのコンピューター技師→映画:スタッキー大統領特別補佐官の部下

 

第10話「ニセ札つくりを狙え!」のフリンチ
ウクライナ男爵に雇われた殺し屋→映画:マモーの部下

 

ラスボス・マモーのネーミングも
第13話「タイムマシンに気をつけろ!」の魔毛狂介から
だと思われます……。

 

昭和40年代のコンピューター

昭和40年代のコンピューター!

 

それは、室内に鎮座したドでかいもの。

スイッチのたぐいがいっぱい付いています。

 

磁気テープが回転し、

ランプがピカピカ光る。

穴の開いた紙テープが出力されます。

音も、なんだかガチャガチャうるさいです。

 

昔の映画やドラマの中のコンピューターっていうと、

こんなやつばっかでした。

 

人間らしい銭形

コンピューターをバカにして、

自分のやり方でルパンを逮捕したかった銭形。

 

1度失敗したあとなので、

目の前にいるルパンに手を出せない!

涙を流しながら堪える

 

感情豊かで、

とても人間らしい銭形警部でした。

 

ラストのバラグライダー?

最後のパラグライダーおなじみの品

 

第14話「エメラルドの秘密」

第16話「宝石横取り作戦」でも使われています。

 

16話では、不二子を乗せたため重量オーバー

軽くするために、

ルパンと次元がパンツ1丁になりましたが……。

 

ということで、いかがだったでしょう?

 

やっぱり、

コンピューターに負けるルパンではなかった。

自信満々だったゴードンの鼻を明かしました。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また〜。

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です