ルパン三世1st 第12話「誰が最後に笑ったか」あらすじと感想

黄金の姉妹像を狙うルパン!

山奥の小さな村の長老から買い取る算段

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世1stシリーズから、

第12話「誰が最後に笑ったか」のあらすじと感想です。

ドラマ全体に漂う雰囲気が、

だいぶゆるくなってきました。

 

 

ルパン三世1stシリーズ 第12話「誰が最後に笑ったか」
〈あらすじと感想〉

ルパン三世1stシリーズ第12話「誰が最後に笑ったか」は、

1972年1月9日に放送された。

脚本は鶴見和一氏、演出は大隅正秋氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

一面が雪景色……。

山奥の小さな村

柱に縛られている長老。

 

ルパンを出し抜いて

黄金の姉妹像を奪おうというハヤテ

ある組織によって動いている。

 

その黄金像を横取りしようとする不二子

ハヤテが目を離しているスキに姉妹像の片割れを盗み出す。

洞窟に逃げ込んだが、

そこにはルパンがいた。

 

今回は像を売りたいと云う長老から、

盗むのではなく買い取るつもりのルパン

不二子から像を取り上げ、

有り金をはたいて長老と交渉する。

 

朝になって、

いなくなった不二子をルパンが追う。

そのスノーモービルには、

ハヤテたちがダイナマイトを仕掛けていた。

 

爆発しても、なぜか無事なルパン?

この辺はちょっと、ここはマンガチック。

 

のんびりしながらも、

次元とともにロケットランチャーでハヤテたちを攻撃!

 

ハヤテは、部下から失敗をなじられる。

姉妹像を持ったままで、

燃えている雪上車に飛び込む。

そして爆発!

 

不二子は、地図を持ち去ろうとする。

スノーモービルで引きづられていくルパンと次元。

 

地図をすり替えておいた長老が、

ルパンが用意した金と黄金像の両方を手に入れた。

 

最後に笑ったのは

長老だったというわけ……。

 

印象に残るセリフ

  • 失敗した部下を処分して

ハヤテ

失敗したものは死をもって償う。それが、組織の掟

 

  • 洞窟の中で、食料と酒を不二子に勧めるルパン

ルパン

食いな。食ったら飲みな……

不二子

なにさ、全部わたしのものじゃないのよ

 

  • 自分を置いて、村に乗り込んだルパンに対し(独り言)

次元

あぁ、言わんこっちゃない。

オレを置いて一人でやつのところへ行こうなんて、

自信過剰だよ。

ルパン……

 

ハヤテは次元の昔なじみ?

次元曰く、

「ハヤテは直情型のバカ」とか「逃してやるぜ」とかあったが……。

昔からの知り合いなのかと思わせる。

 

路線変更?

あきらかに初期の頃のエピソードと雰囲気が違う。

 

パイカルプーンが出ていた頃に感じた緊張感はない。

 

爆発とかがあっても、

木の枝に引っかかったり、

バンソウコウとかを貼って助かっちゃう……。

で、次のシーンでは、もう元気。

 

面白いんだけど、

ふつうのマンガみたいになってしまったのは、

ちょっと残念でした。

ということで、いかがだったでしょう?

 

今回、最後に笑ったのは長老でした。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また〜。

 

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新装版 ルパン三世1stDVDコレクション (全6冊) 全巻セット
価格:9852円(税込、送料無料) (2019/4/7時点)

楽天で購入

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です