ルパン三世1st 第6話あらすじ感想!お子様ランチ!雨の午後はヤバイゼ

ルパン三世1stシリーズ 第6話より

 

冷たい雨の午後……。

ルパンを迎えに来たのはお子様ランチという男!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世1stシリーズから、

第6話「雨の午後はヤバイゼ」のあらすじと感想です。

ゲストキャラも活躍!

 

 

ルパン三世 1stシリーズ第6話 雨の午後はヤバイゼ
〈あらすじと感想〉

ルパン三世 1stシリーズ第6話「雨の午後はヤバイゼ」は、

1971年11月28日に放送された。

脚本は松岡清治氏、演出は大隅正秋氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

冷たい雨の午後、アジトに帰ってきたルパン。

その背中には、「ルパン、助けて!」の張り紙が……。

お子様ランチという男が車で迎えに来る。

その先で待っていたのは、不二子

記憶喪失の老人のことを調べたい欲しいらしいが……。

 

老人の正体は、暗黒街のボスかまいたちだった。

半年前に手術を受けてから記憶喪失になっていた。

 

ルパンと次元はかまいたちのもとへ。

しかし、すでに心臓麻痺で死んでいた。

半年前の手術というのは、記憶喪失装置を使ったもの。

そろそろ記憶が戻る頃だった。

もし、死ぬ前に記憶を取り戻していたとしたら……。

 

ルパンは遺体を調べるため人を集めた。

相棒の次元、ハンマーの岩鉄、まんだらの辰

次元になりすましていたのは、お子様ランチ!?

正体がバレて、まんだらの辰に射殺される。

 

ルパンと次元は銭形の目を逃れて、

かまいたちの遺体からダイヤモンド・キリマンジャロの星を奪取

まんだらの辰の裏切りにより、

「キリマンジャロの星」は不二子に奪われてしまう……。

ラストは、浴槽でダイヤをもて遊ぶ不二子のシーンで終わる。

 

かっちょいいセリフ

  • のびているルパンに向けて

次元「ちぇっ、ちょっと目を離すとすぐこれだ。

一人じゃなにも出来ねぇんだからな……」

 

  • 銭形から逃げ切ったルパンと次元

次元「ルパン、これもあの日の雨のせいかい?」

 

活躍するゲストキャラ

  • かまいたち

暗黒街のボス

半年前の手術から、記憶喪失に……。

 

  • お子様ランチ

不二子の部下。

途中から次元になりすましていたが……、

まんだらの辰に射殺される。

 

  • まんだらの辰

かまいたちの部下だったが、ルパンと行動をともにする。

最後は、ルパンから「キリマンジャロの星」を奪って、

不二子と逃走するが……。

次元に撃たれる。

演じたのは名優の富山敬

 

  • ハンマーの岩鉄

風貌とは裏腹に、特技は身軽さすばしっこさ

かまいたちの遺体を調べる際、活躍する。

 

初期ルパンの特徴

初期のルパン三世は、

2ndシリーズ以降とはだいぶ様子が違います。

 

大泥棒ルパン三世

頼りになる相棒次元の名コンビ。

なんだか普段はやる気がなさそうなだけど、

やるときはやる。

 

この二人が軸でストーリーは回る。

銭形や不二子は要所要所で出てくる。

五エ門の出番は、かなり少なめ……。

 

ということで、いかがだったでしょう?

 

この回は変なゲストキャラが多く登場して、

そこもまた見どころでした。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また〜。

 

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です