ルパン三世2nd 第73話「花も嵐も泥棒レース」 あらすじと感想!

ルパン三世2ndシリーズ 第73話より引用

 

宗谷岬から桜島!?

日本で開催されたドロリンピック!?

レースに参加したルパンと次元!

黒幕はルパンへの復讐に燃えるあのファントマ

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第73話「花も嵐も泥棒レース」のあらすじと感想です。

 

 

ルパン三世2ndシリーズ 第73話「花も嵐も泥棒レース」
<あらすじと感想>

ルパン三世2ndシリーズ 第73話「花も嵐も泥棒レース」は、

1979年3月5日に放送された。

脚本は金子裕氏、演出は御厨恭輔氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

世界泥棒オリンピックが開催される!

略してドロリンピック!?

宗谷岬から列島縦断ラリー

ゴールは桜島。

ライバルはアメリカソ連、はたまた謎の巨大トレーラーか?

黒幕はあのファントマ・マークIII!?

 

ライバルはアメリカとソ連!?

ルパン三世2ndシリーズ 第73話より引用

レースでルパンがライバルと目した2台!?

アメリカのターカーとソ連のコスイニンチン

 

案の定、レースの終盤にサンドイッチ状態にされる!

近くの飛行場の滑走路を使い回避!?

 

再登場!
ファントマ・マークIII

ルパン三世2ndシリーズ 第73話より引用

第53話でルパンに世界征服の邪魔をされたファントマ・マークIII

再登場したその姿は変わり果てていた。

全身包帯ずくめで両方の目に義眼をはめる。

復讐に執念を燃やすが……。

 

銭形警部とその上司

ルパン三世2ndシリーズ 第73話より引用

世界が注目しているドロリンピック!?

 

当時の福田内閣が掲げた全方位外交のため、

レースに手出しできない銭形!?

ゴール後の逮捕を狙う!?

 

ファントマ
あっけない最期

ルパン三世2ndシリーズ 第73話より引用

桜島の灯台に身を隠していたファントマ・マークIII。

五エ門が灯台ごと一刀両断!?

海へと沈んだ!?

あっけない最期でした。

 

元日本テレビアナウンサー
徳光和夫氏

ルパン三世2ndシリーズ 第73話より引用

当時日本テレビアナウンサーだった徳光和夫氏が、

列島縦断レースを実況。

ドロリンピック出場者たちの激しいバトルの様子、

たくさんの死傷者が出たことを楽しそうに伝えた!?

 

ということで、いかがでしたか?

 

今回も安定のルパンと次元のコンビ。

ピンチでも軽口をたたく余裕の二人が心地いい。

対するファントマの最期はあっけなかった。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

ルパン三世の動画

14日間 無料でお試し視聴ができる Hulu(フールー

動画を見るならU-NEXT

 

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

【関連記事】ルパン三世2nd 第53話あらすじ感想!「狂気のファントマ・マークIII」

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です