ルパン三世PART3 第39話「ライバルに黄金を」あらすじと感想

ルパン三世PART3第39話より引用

 

モロッコへ送られる3トンの金塊

銭形警部が警護にあたるが、何者かが強奪!

犯人はルパンではない!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世 PART3より、

第39話「ライバルに黄金を」のあらすじと感想です。

 

 

ルパン三世 PART3 第39話「ライバルに黄金を」
<あらすじと感想>

ルパン三世 PART3 第39話「ライバルに黄金を」は、

1985年5月11日に放送された。

脚本は高階航氏、演出は飯田つとむ氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

モロッコへ送られる3トンの金塊を銭形が警護。

その奮闘もむなしく何者かに強奪を許してしまう。

だが、この手口はルパンではない!?

 

残されたサバイバルナイフには、

特殊部隊のナンバーが!

 

「Z-1114」のナンバーが手がかり!

銭形警部が捜査を進める。

ギース大佐とダンディ軍曹まではたどりついたが、

証拠不十分で逮捕までは至らない……。

 

6800本、重量は3トン、

時価にして160億円の金塊は、

何処に消えたのか?

 

一度溶かされた金塊は、

戦車の車体に偽装されていた。

 

ルパン三世PART3第39話より引用

 

ICPO長官から謹慎を言い渡され、

酒に溺れる銭形。

べろんべろんになって夜道で寝込んだところを狙われた!

 

教会が爆破され、

釣り鐘が落ちてきた!

その下敷きになった銭形!?

 

……と思われたが、

なぜか助かった銭形。

ルパンが、入院中の銭形に会いに来た。

大きな見舞いを届けると云う。

 

ギース率いる○ちがい部隊とルパン一味の対決が始まるのだった。

 

ギース大佐

ルパン三世PART3第39話より引用

ギース大佐は、特殊部隊の司令官。

 

次元とは外人部隊時代からの古い知り合い。

仲間になるよう誘ったが、次元に断られた。

 

ダンディ軍曹を使い、

アフリカ合衆国建国を目論む狂人!?

さらに、邪魔な銭形をも消そうとした……。

 

ちなみにギース大佐を演じたのは、

「巨人の星」で星一徹役の加藤精三氏。

 

ダンディ軍曹を演じたのは、

「人造人間キカイダー」でハカイダーの声などで有名な飯塚昭三氏でした。

 

ということで、いかがでしょう?

 

銭形に「黄金の戦車」を届けたルパン。

そのなかには、ギースとダンディの姿も……。

ふたりを逮捕した銭形。

 

今回のルパンは、なにかを盗んだわけではなく、

ライバル・銭形警部に花を持たせて終わりました。

ルパンからのお見舞いに涙する銭形でした……。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

ルパン三世の動画

14日間 無料でお試し視聴ができる Hulu(フールー

動画を見るならU-NEXT

ドコモ公式/dアニメストア

 

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ルパン三世 PART III Blu-ray BOX 【Blu-ray】
価格:32506円(税込、送料無料) (2019/4/18時点)

楽天で購入

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です