ルパン三世

ルパン三世2nd 第25話あらすじ感想!必殺鉄トカゲ見参

ルパン三世2ndシリーズ 第25話より引用

 

プラスチック爆弾を仕込んだ「鉄トカゲ」!

逃げても逃げても、

どこまでも追いかけてくる!?

 

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第25話「必殺鉄トカゲ見参」のあらすじと感想です。

 

ルパン三世2ndシリーズ 第25話「必殺鉄トカゲ見参」
<あらすじと感想>

 

ルパン三世2ndシリーズ 第25話「必殺鉄トカゲ見参」は、

1978年3月27日に放送された。

脚本は城山昇氏、演出は御厨恭輔氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

のどかな刑務所……。

看守も受刑者も、みんなのんびり。

トランプで遊んだり、新聞や本を読んだり……。

 

峰不二子もここに捕えられていた。

 

刑務所長は、不二子に熱を上げている風。

みんながのんびりしている、そのわけは……?

 

あるとき、一人の男が脱走!

力尽きて、道路で倒れる。

 

通りかかったルパンたちは、車を止めた。

 

ルパン三世2ndシリーズ 第25話より引用

男は、スキを見て車を盗んで、さらに逃走!

謎の物体が男を追ってくる!?

その物体は、車に追いつくと大爆発!?

 

突然、愛車がくず鉄になって、

がっかりのルパンたちだが……。

 

死んだ男は、不二子からルパン宛の手紙を託されていた……。

 

ルパン三世2ndシリーズ 第25話より引用

ルパンは銀行強盗未遂を起こし、わざと刑務所送りになる。

所内で、不二子と再会。

 

刑務所長から髪の毛を採取される。

逃げれば「鉄トカゲ」と呼ばれる兵器に追われるはめになった。

とりあえずは、刑務所にいるあいだは自由でのんびり……。

 

ルパン、次元、五エ門の三人は、脱獄を決行!

 

早速追ってくる「鉄トカゲ」!

身につけているものを脱いで、時間稼ぎするが……。

 

どこまでも追ってくる鉄トカゲ

 

セットされた囚人の髪の毛の臭い?匂い?をたよりに、

どこまでも追ってくる「鉄トカゲ」。

 

目や口も描き込まれていて、

追いかけてくる様はとてもチャーミングです!?

 

に潜ったルパンたちを追って、

水の中にも入ってくる。

を飛び越えれば、

一度下に降りてよじ登ってくる。

 

に閉じ込められても、

大岩のフタを突き破ってしまいます。

 

刑務所長は内海賢二氏

ルパン三世2ndシリーズ 第25話より引用

異常にアゴの割れた刑務所長。

白衣を着ていて、科学者風でもあります。

鉄トカゲを開発したのも彼なのでしょうか?

 

演じたのは、内海賢二氏。

個性的で貫禄のある声で、

たくさんの役をやっています。

印象に残る役が、人によって異なると思いますけど……。

 

わたしは、「魔法使いサリー」のサリーちゃんのパパ

「北斗の拳」のラオウあたりが、頭に浮かんできます。

 

銀行強盗未遂事件で刑務所行き

 

峰不二子を救出するため、銀行強盗未遂で刑務所へ。

 

まあ、わざと捕まるっていうのは、

昔からよくあるパターンですが……。

 

捕まったら、いきなり刑務所行きなんですかねぇ?

30分番組ならではの省略かしら?

ということで、いかがでしたか?

 

鉄トカゲ同士をぶつけて爆破させるって、

わざわざ所長から聞き出すほど弱点かしら?

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

 

-ルパン三世

© 2020 ゆるゆる投資ログPlus